北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

サケ遡上 祈りの儀式 エコパ【音更】

雨の中、カムイ(神)への感謝を伝えた儀式カムイノミ

 サケの遡上(そじょう)を迎えるアイヌ民族の伝統儀式「第3回十勝川アシリチェプノミ」(実行委員会主催)が13日、音更町の十勝エコロジーパークで開かれた。

 雨天での実施となり、サケが天のカムイ(神)から与えられたことに感謝する祈りの儀式「カムイノミ」は屋外のテントで行われた。

 その後、屋内のビジターセンターで帯広カムイトウウポポ保存会(酒井奈々子会長)の会員15人が、伝統舞踊やムックリの演奏を披露。アイヌ料理「チェプオハウ(サケの汁物)」や、サケの焼き物などの試食会もあった。

 酒井会長は「外で踊れなかったり、新型コロナウイルスの影響で来場者の皆さんとポロリムセ(輪踊り)を踊れなかったのは残念だが、いろいろな人にアイヌの文化に触れてもらい、知ってもらえることはうれしい」と話した。

関連記事

函館新聞

函館大ビジネス企画研究室の学生がシカわな猟免許取得【函館】

 ビジネスを通じた地域の課題解決を考える函館大学のサークル「ビジネス企画研究室」の学生3人が、エゾシカなど鳥獣のわなを使った猟に必要な「わな猟狩猟免許」を取得した。道内でのエゾシカによる農作物被...

函館新聞

ガゴメ促成養殖技術を確立 函館水試 新たな収入源へ【函館】

 道総研函館水試は、ガゴメコンブの促成養殖技術をほぼ確立した。促成養殖試験に取り組む函館市内4カ所のうち、日浦町での今季の結果で歩留まり率が良く、実に厚みもあって天然に引けを取らない品質を備えて...

室蘭民報

「毒まんじゅう」もう食べられない… 地球岬で売店32年のシナダ、来月末で閉店..

 地球岬名物「炎の毒まんじゅう」で知られる地球岬売店シナダ(母恋南町)が、10月末で店じまいすることになった。地球岬一の老舗で、全国にファンを広げていた。店主の品田徹さん(79)が年齢などを考慮...

室蘭民報

企業版ふるさと納税で77万円 イオン北海道寄付第1号に【苫小牧】

給食費助成事業に活用  苫小牧市への「企業版ふるさと納税」の第1号として、イオン北海道(本社札幌市、青栁英樹代表取締役社長)がこのほど、同市に77万5455円を寄付した。寄付金は今年10月に実施...

室蘭民報

赤い羽根、今年も周知 道南バス、白ばらクリーニング【室蘭】

共同募金委の依頼受け  10月1日から全国一斉にスタートする赤い羽根共同募金運動を前に、室蘭市共同募金委員会(長谷川清敏会長)は28日、市内2企業に啓発活動への協力を依頼した。PRポスターの掲...