北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

商業モールに「ツルハ」完成 さらに2施設建設予定【帯広】

 総合設計(帯広市、安達昌幸社長)が、帯広市南の森東1で造成を進めている商業モールのうち、第1弾となる施設「ツルハドラッグ帯広南の森東店」が完成した。諸手続きを経て、10月中旬にもオープン予定。安達社長は「来年中には他に、ゾーン内に小売店など2施設の着工を目指す」とする。また、すでにゾーン内にあるダイイチみなみ野店も10月末の再オープンをめどにリニューアル工事を進めている。

完成したツルハドラッグ帯広南の森東店

 総合設計では今年、道道弥生新道と市道空港南町・74号線に挟まれた自社で所有する約9200平方メートルに複数の商業施設などを建設する計画を公表。場所は、ダイイチみなみ野店の南側に位置し、同店と合わせた商業モール全体の敷地面積は約2万平方メートルに及ぶ。

 ツルハの新店は、鉄骨造り平屋建て延べ床面積1159平方メートル。ツルハはダイイチみなみ野店内にテナントとして入店していたが、新築移転する。現店舗は新店のオープン直前まで営業を続ける予定。帯広での17店舗体制を維持する。総合設計が建設し、ツルハ側に長期賃貸する。事業費は約1億4000万円。

 モール内には他に2棟程度の施設を建設予定。安達社長は「ツルハの南側には小売店の出店を予定し、最終の詰めの段階で、最短では来春には着工予定。同東側に建設予定施設も複数業者が出店を手を上げていただいているが、希望する飲食店の出店を鋭意模索中で、来年秋には着工したい」とする。

 14日にはツルハの竣工(しゅんこう)式が行われ、安達社長や施工の萩原建設工業の澤井育雄専務、帯広信用金庫の森岡孝仁中央支店長らが出席した。

 一方、ダイイチみなみ野店は1998年にオープンし、店舗面積は2430平方メートル。ダイイチは「リニューアルは老朽化のための施設と備品更新が主目的。10月には一定期間営業を休止する予定だが、なるべく短期間にしたい」とする。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...