北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

地域密着でものづくり むかわ町と苫高専が連携協定

共にサインした協定書を手にする竹中町長(右)と苫高専の小林校長

 むかわ町と苫小牧工業高等専門学校は15日、地域社会の発展や人材育成、学術の振興などに寄与することを目的とした包括連携協定を結んだ。町役場に併設する産業会館で締結式が行われ、竹中喜之町長と同校の小林幸徳校長が協定書を交わした。

 協定内容は▽地域に密着したものづくり産業の振興▽学術研究の振興▽まちづくりの推進及び防災―など。苫高専においては道内自治体との防災などを兼ねた包括連携は初めてで、期間は2022年3月31日まで。

 苫高専ではむかわ町出身の卒業生も多く、多分野で活躍しているという。小林校長は「胆振東部の中で苫高専の果たす役割は大きいと考えている。実務の面で町の発展や復興に貢献できれば、むかわ町出身の学生の励みにもなる」とし、「全校を挙げて協力できる体制をつくり、復興の促進につなげたい」と意欲を示した。

 竹中町長は、一昨年の胆振東部地震で自宅を失った被災者の住まいの再建、中心市街地のまちなか再生など現状の課題を挙げながら「復興の段階的取り組みとして日常の防災、減災、備えを考えていきたい。苫高専の培った高い技術と専門的な知見を、復興を含めたさまざまな分野の問題解決に寄せていただければ」と期待を寄せた。

 また、同町は北見工業大学の「地域と歩む防災研究センター」とも包括連携協定を結んでいることから、苫高専を含めた3者による関係構築も視野に入れ、「地域に密着したものづくりが生まれてくれたら」と希望を語った。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...