北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

除菌消臭剤増産へ 北海道曹達「ジアセーフ」 コロナ流行で需要高まる

需要が急増しているジアセーフ

 基礎化学品メーカーの北海道曹達(苫小牧市沼ノ端)は今月中に、除菌消臭剤「ZiaSafe(ジアセーフ)」の生産能力を5~6倍に増強する。新型コロナウイルスの流行に伴う需要増に対応する。ホームセンターなど小売店での取り扱いが急増しており、生産量はすでに前年の10倍以上。10月から次亜塩素酸ナトリウムを活用した新商品の生産も計画している。

 同社によると、ジアセーフは幌別事業所(登別市)で生産しており、2018年7月に発売。医療機関などに出荷してきたが、コロナの感染拡大が始まった2月以降、一般消費者からの引き合いが強まっている。順次、増産してきたが従来の生産能力(50ミリリットル入り日産1440本、300ミリリットル入り同540本)では、発送に1~2カ月ほどかかることもあった。

 ピーク時の需要に対応できる体制を―と、6月上旬に生産施設の増設を決定。約4000万円を投じて月内にタンク3基を新設したり、充填(じゅうてん)機を半自動化する機械を導入したりする。一連の作業効率化で生産能力を「50ミリリットル入り」で従来の5倍以上の日産7500本、「300ミリリットル入り」で約6倍の同3000本に引き上げる。

 20年の生産量は、上半期(1~6月)で7万2725トンと、すでに昨年1年間の6247トンの10倍以上。全国展開のホームセンターや家具販売店などから注文が相次いでいる。

 このほか、次亜塩素酸水の成分濃度を高めた微酸性の新商品も開発。生産ラインを約2000万円かけて新設し、10月から稼働させる予定だ。

 同社の担当者は「コロナ流行で除菌が市民生活に根付いている」とし、今後も一定の需要が続くとみている。

 ジアセーフは、不純物を取り除いた超純水と食品添加物認可を受けている次亜塩素酸ナトリウムのみで製造。ウイルスや菌、ダニ、花粉のアレルゲン、カビ、ニオイを無力化、抑制する効果があるとされる。原料の次亜塩素酸ナトリウムは、道内の浄水場で水を殺菌して飲料用にするため月産2000トン製造。ジアセーフはこれを薄めて造るが、生産能力は最大で月0・5トン程度だった。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...