北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

預託牛の牧場新設 管理効率化へICT導入 JA【士幌】

 JA士幌町(國井浩樹組合長)は、育成牛の預託事業を強化している。町中士幌に新たな牧場を開設した他、士幌高原の直営育成牧場では放牧牛管理の効率化を目的にICT(情報通信技術)の活用を進めている。生産現場では大規模化を受けて預託へのニーズが高まっており、酪農家の生産性向上を後押しする。

遊休施設を改築した中士幌牧場

 新牧場は4月に完成。同JAの遊休施設を改良し、牛舎2棟を整備した。計400頭の預託牛を飼育している。改築費は2棟合わせて1億円。

 同牧場では全国酪農業協同組合連合会が全国から受け入れている預託牛を飼育。このうち200頭はJAの直営牧場で飼育していた。新牧場の開設により、直営牧場では地元の預託牛を増やすことになった。

 直営牧場は通年で1200頭を飼育し、この他に現在650頭を夏季放牧している。今年から放牧している全頭の乳牛にはGPS(全地球測位システム)発信器を付けた首輪を装着、スマートフォンで個別に牛の場所を確認できるシステムをNTTドコモ北海道支社などと連携し、本格的に運用している。

 発情期を迎えた放牧牛は人工授精をするために移動させる必要があるが、1牧区(10~25ヘクタール)に最大200頭は放牧している牛の中から対象牛を見つけるのに、時間や手間を要していた。

首に付けたGPS発信器(白い箱)で個別の牛の位置を把握できる

 同システムはスマートフォンで牛の位置を確認できるため、牛群の中から探し出す作業が効率化された。機器の耐久性に加え、牛の動きをセンサーで感知し発情兆候を検出できないか研究を続けている。

 同JAの吉川晴美畜産部長は「ICTを生かすなど省力化を進め、作業の効率化と職員の作業負担の軽減に努めたい」と話している。

関連記事

函館新聞

函館大ビジネス企画研究室の学生がシカわな猟免許取得【函館】

 ビジネスを通じた地域の課題解決を考える函館大学のサークル「ビジネス企画研究室」の学生3人が、エゾシカなど鳥獣のわなを使った猟に必要な「わな猟狩猟免許」を取得した。道内でのエゾシカによる農作物被...

函館新聞

ガゴメ促成養殖技術を確立 函館水試 新たな収入源へ【函館】

 道総研函館水試は、ガゴメコンブの促成養殖技術をほぼ確立した。促成養殖試験に取り組む函館市内4カ所のうち、日浦町での今季の結果で歩留まり率が良く、実に厚みもあって天然に引けを取らない品質を備えて...

室蘭民報

「毒まんじゅう」もう食べられない… 地球岬で売店32年のシナダ、来月末で閉店..

 地球岬名物「炎の毒まんじゅう」で知られる地球岬売店シナダ(母恋南町)が、10月末で店じまいすることになった。地球岬一の老舗で、全国にファンを広げていた。店主の品田徹さん(79)が年齢などを考慮...

室蘭民報

企業版ふるさと納税で77万円 イオン北海道寄付第1号に【苫小牧】

給食費助成事業に活用  苫小牧市への「企業版ふるさと納税」の第1号として、イオン北海道(本社札幌市、青栁英樹代表取締役社長)がこのほど、同市に77万5455円を寄付した。寄付金は今年10月に実施...

室蘭民報

赤い羽根、今年も周知 道南バス、白ばらクリーニング【室蘭】

共同募金委の依頼受け  10月1日から全国一斉にスタートする赤い羽根共同募金運動を前に、室蘭市共同募金委員会(長谷川清敏会長)は28日、市内2企業に啓発活動への協力を依頼した。PRポスターの掲...