北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「休暇村」再整備 「そら」キャピタル・ゼンリン子会社化【中札内】

 地方創生ベンチャー「そら」(帯広市、米田健史社長)は17日、中札内農村休暇村フェーリエンドルフを運営するキャピタル・ゼンリン(同、西麻衣子社長)の全株式を取得し、子会社化したと発表した。2年以内にフェーリエンドルフに対して5億円規模の投資を行い、施設改修や敷地内での食品加工工場の新設などを進める。西氏は取締役として米田社長らとともに経営を担う。

大規模投資によるリニューアルが検討されている中札内農村休暇村(キャピタル・ゼンリン提供)

 フェーリエンドルフは2003年からキャピタル・ゼンリンが運営している。約32ヘクタールの敷地に、1993年築の宿泊棟44棟、レストラン、グランピングテント(10張り)などを配置している。西氏は創業者で18年に死去した西惇夫氏の長女。

 「そら」は野村証券OBで東京出身の米田氏が4月に設立。食と観光を柱に複数の事業を計画し、今回の経営統合は実質的な大規模事業のスタートになる。

 契約は16日付で、株式の取得額は非公表。ゼンリンの社長は米田氏が務め、西氏はそらの取締役にも入った。ゼンリン側8人の雇用は維持した。

 フェーリエンドルフは、新型コロナウイルスの影響で一時利用が低迷。ただ密にならない環境が支持され、6月以降は平均稼働率8割以上を維持している。西氏は「父の死から2年。単なる事業継続ではなく、施設を発展させるために新たな発想やそれに基づく拡充が必要と感じた。そらはパートナーとして信頼できる」と語った。

そらの米田社長(左)と西氏

 米田氏は「食品加工工場は最終調整の段階。体験型に対応する予定で年度内には着工したい。施設改修も計画的に進めるほか、複数のプロジェクトがすでに動いている。交通アクセスがよい休暇村を拠点に十勝で事業を拡大させたい」と話している。

 事業資金は融資に加え、近く開設する十勝産品ECサイト(ネット通販)の売り上げなどで確保する予定。来年度の年商は10億円を目指している。

関連記事

函館新聞

函館大ビジネス企画研究室の学生がシカわな猟免許取得【函館】

 ビジネスを通じた地域の課題解決を考える函館大学のサークル「ビジネス企画研究室」の学生3人が、エゾシカなど鳥獣のわなを使った猟に必要な「わな猟狩猟免許」を取得した。道内でのエゾシカによる農作物被...

函館新聞

ガゴメ促成養殖技術を確立 函館水試 新たな収入源へ【函館】

 道総研函館水試は、ガゴメコンブの促成養殖技術をほぼ確立した。促成養殖試験に取り組む函館市内4カ所のうち、日浦町での今季の結果で歩留まり率が良く、実に厚みもあって天然に引けを取らない品質を備えて...

室蘭民報

「毒まんじゅう」もう食べられない… 地球岬で売店32年のシナダ、来月末で閉店..

 地球岬名物「炎の毒まんじゅう」で知られる地球岬売店シナダ(母恋南町)が、10月末で店じまいすることになった。地球岬一の老舗で、全国にファンを広げていた。店主の品田徹さん(79)が年齢などを考慮...

室蘭民報

企業版ふるさと納税で77万円 イオン北海道寄付第1号に【苫小牧】

給食費助成事業に活用  苫小牧市への「企業版ふるさと納税」の第1号として、イオン北海道(本社札幌市、青栁英樹代表取締役社長)がこのほど、同市に77万5455円を寄付した。寄付金は今年10月に実施...

室蘭民報

赤い羽根、今年も周知 道南バス、白ばらクリーニング【室蘭】

共同募金委の依頼受け  10月1日から全国一斉にスタートする赤い羽根共同募金運動を前に、室蘭市共同募金委員会(長谷川清敏会長)は28日、市内2企業に啓発活動への協力を依頼した。PRポスターの掲...