北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

美原地区の「ゾーンバス」導入先送り 新型コロナが影響【函館】

亀田支所前で整備が進む美原地区バス乗降場

 函館市は、美原地区で新たに整備するバス乗降場を中心としたゾーンバスシステムについて、導入を当初予定していた2021年度から22年度に先送りすることを決めた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込んだバスの利用客が、一定程度回復してから実施すべきと判断。一方、6月に着手した乗降場の工事は順調に進み、来年4月の供用開始を予定する。

 ゾーンバスの導入は人口減少が進む中、バス路線網を維持するとともに利用客の利便性を向上させる狙い。具体的には亀田支所前に整備中の乗降場を拠点とし、道道函館上磯線(産業道路)より外側の石川、赤川、神山地区などをそれぞれ結ぶ路線を想定。ミニターミナルとなる乗降場には多数のバスが乗り入れを予定し、ゾーンバスの利用者は乗り換えることで市内各地へ向かうことができる。

 市が具体的な検討を進めた結果、全市での導入は逆に効率が悪化するとし、美原エリアに限定して21年4月の実施を目指していた。しかし、新型コロナの流行に伴う外出自粛などで今年はバスの利用者が激減。事業者の函館バスはさまざまな対応に追われており、ゾーンバスの詳細な協議は利用客の回復を待ってから行うことにした。

 総事業費3億8000万円を投じて整備中の乗降場には屋根付きのバス停を4カ所設置。バス停の名称は「亀田交流プラザ」とし、来年度から約120本のバスが乗り入れる予定。段階的に乗り入れ便を増やし、現在「亀田支所前」として使用するバス停は23年4月に廃止となる見込み。

 市企画部公共交通担当は「美原地区の交通結節機能を強化し、路線の変更などは事業者と連携して市民への周知に努めたい」としている。

関連記事

根室新聞

特産品で地元出身学生を応援 第2弾 1日から申込受付【根室】

 根室を離れ学業に励む学生に、地元特産品を贈る「根室出身学生応援!根室の旨いをお届け隊」の第2弾の募集が11月1日から始まる。今回も5千円相当分の地場産品詰め合わせを用意し、根室の味を届ける。...

根室新聞

下校見守り活動拡大 保護司会と更生保護女性会【根室】

 根室地区保護司会(袴谷良憲会長)は19日から根室更生保護女性会(原田純子会長)などと協力して、新たに花咲小学校の学校区周辺で下校児童の見守り活動を実施している。  見守り活動は根室地区保護...

苫小牧民報

厚真高生が復旧作業や工場見学 林業現場体験ツアー 未来の担い手育成へ

胆振総合振興局、胆振地域林業担い手確保推進協議会は20日、厚真高校の1年生32人を対象に「林業現場体験バスツアー」を行った。生徒たちは2018年9月の胆振東部地震で被災した厚真町内民有林の復旧作業...

苫小牧民報

公設市場30日まで意見公募 花卉は民間委譲へ 

苫小牧市は、公設地方卸売市場の民間活力導入に向けた準備を進めている。2021年度に青果、水産両市場の管理・運営を指定管理者に移行し、22年度に花卉(かき)市場を民間委譲する計画。市議会の12月定例...

苫小牧民報

王子サーモン ツイッターで 大きな反響、サケの種類を解説

スモークサーモン製造販売の王子サーモン(本社東京、本店苫小牧市)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でサケの種類を画像付きで紹介し、反響を呼んでいる。同社は20日に創業53年を迎えたばか...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス