北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ブリでアイデア競う 函短大調理師専門学校で料理コンクール【函館】

ブリを使ったオリジナル料理に挑む学生

 函館短大付設調理製菓専門学校(山本仁志校長)は17日、同校でブリの料理コンテストを開いた。調理師科2年生12人がかば焼きやユッケ、たこ焼きなど創意工夫を凝らしたブリ料理12品を作り、審査の結果、米塚将伍さん(19)の「ブリメンチの揚げ出し」が1位に輝いた。

 函館近海で水揚げが増えるブリの消費拡大を図ろうと、料理コンテストは昨年に続き2回目。はこだて・ブリ消費拡大推進協議会(会長・大島淳一渡島総合振興局水産課長)が、函館市木直漁港で15日に水揚げしたブリ8匹計13・5キロを提供した。

 学生たちはオリジナルレシピに沿ってブリを焼く、細かく刻む、練り込むなど2時間かけて丁寧に調理。完成した12品を、大島会長ら6人が試食して審査。味付け、調和、盛り付けの各項目で5点満点で点数をつけた。

 米塚さんは、ブリの臭みを消すためサンショウと梅肉を使うなどして15点満点中14点を獲得。米塚さんは「仕込みからスムーズにいき、自分の思った通りに作ることができた。ブリはうま味、脂身ともある魚なので、いろいろな料理に使えておいしい」と笑顔を見せた。

 大島会長は「どの料理も柔軟な発想で工夫を凝らしており、レベルが高い。この中から函館でのブリの定番メニューが生まれることを想像した。ブリ料理を通じ地域を盛り上げてほしい」と講評した。

 2位はブリのロールキャベツ、3位はブリとキャベツのカツ(タルタルソース)、4位はブリのかば焼き丼、5位はブリのユッケ丼だった。全12品は渡島総合振興局のブリレシピ集に掲載するほか、ホームページでも公開する。

関連記事

根室新聞

特産品で地元出身学生を応援 第2弾 1日から申込受付【根室】

 根室を離れ学業に励む学生に、地元特産品を贈る「根室出身学生応援!根室の旨いをお届け隊」の第2弾の募集が11月1日から始まる。今回も5千円相当分の地場産品詰め合わせを用意し、根室の味を届ける。...

根室新聞

下校見守り活動拡大 保護司会と更生保護女性会【根室】

 根室地区保護司会(袴谷良憲会長)は19日から根室更生保護女性会(原田純子会長)などと協力して、新たに花咲小学校の学校区周辺で下校児童の見守り活動を実施している。  見守り活動は根室地区保護...

苫小牧民報

厚真高生が復旧作業や工場見学 林業現場体験ツアー 未来の担い手育成へ

胆振総合振興局、胆振地域林業担い手確保推進協議会は20日、厚真高校の1年生32人を対象に「林業現場体験バスツアー」を行った。生徒たちは2018年9月の胆振東部地震で被災した厚真町内民有林の復旧作業...

苫小牧民報

公設市場30日まで意見公募 花卉は民間委譲へ 

苫小牧市は、公設地方卸売市場の民間活力導入に向けた準備を進めている。2021年度に青果、水産両市場の管理・運営を指定管理者に移行し、22年度に花卉(かき)市場を民間委譲する計画。市議会の12月定例...

苫小牧民報

王子サーモン ツイッターで 大きな反響、サケの種類を解説

スモークサーモン製造販売の王子サーモン(本社東京、本店苫小牧市)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でサケの種類を画像付きで紹介し、反響を呼んでいる。同社は20日に創業53年を迎えたばか...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス