北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

蜷川実花展 あふれる色 世界観に圧倒【帯広】

 道立帯広美術館で19日に開幕した写真展「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」。会場には初日から多くの市民やファンが訪れ、蜷川さんの、色彩豊かで独特の世界観に浸っている。

展覧会のタイトルにもなっている「INTO FICTION/REALITY」の章で作品を楽しむ来場者

 同展は六つの章立てで構成されており、このうち帯広会場の目玉ともいうべき展示が「桜」の章。展示室内に設けた一室を丸ごと使い、床、壁から天井までを桜色に染め上げた。写真撮影が可能なスポットの一つで、この日も来場者がカメラを手に家族や友人らの姿を撮影していた。

 帯広市内から娘、母と3人で来場した会社員佐々木愛美さん(39)は「部屋に入った瞬間、ぱあっと明るい雰囲気になった」と笑顔。友達3人で訪れた幕別町の事務員三井友梨菜さん(25)も「花がきれい。おのおので写真をたくさん撮った」と話した。

 「Portraits of the Time」の章は、時代を象徴する人の写真が壁一面に並ぶ。被写体は芸能人からアスリートまで多彩な顔ぶれ。大樹町から来場した会社員の伊藤貴志さんは「高畑充希のポートレートの目力に引きつけられた」と、圧倒された様子。

 関連事業として、26日午後2時からキッズ・ツアー、10月10日と11月21日の午後2時からはギャラリー・ツアーが行われる。

コラボドレスも登場

館内に展示された、蜷川さんがディレクションしたウエディングドレス

 館内の物販コーナーでは、蜷川さんがディレクションするファッションブランド「M/mika ninagawa」と、ウエディング衣装に関するトータルカンパニー「KURAUDIA(クラウディア)」がコラボしたウエディングドレスが展示されている。

 ブライダルプラザ・衣舞(帯広)の協力。バラやボタン、コチョウランの花があしらわれた衣装は、ベースに写真がプリントされた生地が重ねられ、鮮やかさと深みのある色で来場者の目を引いている。

 札幌市から訪れた大学院生の蔵根ひなさん(24)は「蜷川さんらしいビビッドな雰囲気に、リボンの装飾がかわいらしい」と話していた。ドレスは25日までの期間限定で展示される。

関連記事

室蘭民報

RFLセルフウォークリレー、24日開始「多くの参加を」 RFL実行委【室蘭】

歩数が募金、支援訴え  がんに負けない社会づくりを目指したチャリティー活動「リレー・フォー・ライフ・ジャパン(RFL)」。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国各地域での開催が中止される中、2...

室蘭民報

土器の破片「あったよ」、模擬体験発掘通し親子で縄文文化学ぶ 北黄金貝塚情..

 伊達市主催の第2回だてっ子遊び・学びの教室が18日、北黄金貝塚情報センターで開かれ、児童たちが遺跡の模擬体験発掘を通じて縄文時代の生活や文化に触れた。  市の青少年教育事業で、小学生の親子約...

十勝毎日新聞

コロナ禍 ジャズで元気に 15日コンサート【帯広】

 「ティータイムコンサート Vol.2 ~ワンコインで楽しむ午後のひととき~」(帯広市文化スポーツ振興財団、市教委主催)が、15日午後2時から帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。新型コロナ...

十勝毎日新聞

小麦ヌーヴォー スタンプラリー開催中【十勝】

 収穫したばかりの十勝産小麦を使った料理を味わう「とかち小麦ヌーヴォー」(実行委員会主催)が始まっている。参加店では十勝の特産品を詰め合わせたセットが当たるスタンプラリーなどを行っている。 ...

十勝毎日新聞

蜷川実花展 早くも来場1万人突破 釧路の親子に記念品【帯広】

 帯広美術館(帯広市緑ケ丘2)で開催中の「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」(同展帯広実行委員会など主催)の来場者が13日午前、1万人を突破した。開幕21日目(休館日を除く)での達成は歴代6番目...