北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「山線湖畔驛弁当」を発売 支笏湖温泉商店街6店舗

「山線湖畔驛弁当」をアピールする佐々木会長(右)と木下事務局長

 千歳市の支笏湖温泉商店街の飲食店全6店舗が19日、王子軽便鉄道ミュージアム山線湖畔驛にちなんだ「山線湖畔驛弁当」を毎日数量限定で発売した。

 今年1月に園地内にオープンした「山線湖畔驛」は新型コロナウイルスの影響で一時休館し、6月に再オープンしたが、湖畔の観光客は前年同期の5割ほどと伸び悩んでいる。地元でつくる山線プロジェクト実行委員会の佐々木義朗会長から「驛なら驛弁だべさ」との提案を受け、堅調なテークアウト人気を客足回復の打開策にしよう―と、湖畔の飲食店が初のオリジナル「驛弁」を各店で提供することになった。

 参加店の形態は和食、カフェ、レストラン、食堂とさまざま。メニューもすし、マフィン・スコーンと多彩。価格は700~1100円(税込み)。「驛弁」は年内、各店で1日10個ほどを販売する。

 実行委員会の木下宏事務局長は「(テークアウトの)弁当を通して各店の味を知ってもらい、その次はそれぞれの店で味わってもらえれば、商店街ににぎわいを取り戻す呼び水になる」と期待する。

 掛け(包装)紙には、大正期の山線の機関車と客車、木製橋や鉄橋、乗車券の写真を採用した。QRコードでスマホなどから山線に関する情報にアクセスできる。

 驛弁はチップ寿し(お食事処 寿)▽チップ漁師弁当(レイクサイドキッチン トントン)▽マフィン・焼菓子(ペンネンノルデ)▽丸駒二色弁当(メメール)▽チップ弁当(支笏湖荘)▽エスカロップ弁当(北のうまいもん店 碧水)の6種類。

関連記事

十勝毎日新聞

豚丼老舗「ぱんちょう」仮店舗にも行列【帯広】

 豚丼の老舗「ぱんちょう」が、帯広市東1南5の仮店舗で営業を再開した。長年愛されていた帯広市西1南11の旧店舗は建て替えることにし、8月30日から休業していた。移転後も相変わらずの人気で、休日には...

十勝毎日新聞

広尾高生スイーツ登場 セイコーマート【広尾】

 広尾高校3年の内山佳菜さん(18)と工藤唯さん(17)が考案したスイーツ「キュートなシロクマモンブラン」が26日、全道のセイコーマートで発売された。  商品は、シロクマの顔を表現したチーズ...

十勝毎日新聞

今年は来店ラリー方式 「マルシェ」好調【十勝】

 十勝管内の飲食店などを巡る「とかちマルシェ」(9月19日~10月末)が最終盤を迎えた。割引チケットやスタンプラリーの効果もあり、飲食店の利用促進や地域を越えた回遊につながっていると評価されている...

苫小牧民報

25日に秋の食遊フェス 苫小牧の4社が共同企画-店同士のコラボ商品も

 食欲の秋を楽しもう―。苫小牧市内の飲食店などを集めた食と体験のイベント「秋のとまこまい食遊フェス」が25日、しらかば町3の空揚げ専門店「からあげ専科 鶏から屋しらかば店」の駐車スペースと近接する...

苫小牧民報

早来かりんず「ハスカップ最中」商品化 甘さと酸味、爽やかな味わい-安平

 安平町安平の菓子製造「早来かりんず」(宮本勲代表)が、厚真産ハスカップを使った「ハスカップ最中」を商品化した。23~25日に苫小牧のMEGA(メガ)ドン・キホーテで開かれる東胆振物産まつりに出...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス