北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

パンにも合う新チーズを 異業種で開発中【十勝】

 広内エゾリスの谷チーズ社(新得町、寺尾智也代表)を中心とする管内の異業種グループが、新たなチーズづくりに取り組んでいる。目指すのは「熟成や味わいがラクレットとモッツァレラの中間でパンにも合うチーズ」(寺尾さん)。年内の完成を想定し試作を続けている。

新たなチーズ作りに取り組むメンバー(右から杉山社長、寺尾社長)

 チーズ職人の寺尾さんと組んだのは、昨年からチーズ製造に取り組むあすなろファーミング(清水町、村上悦啓社長)、満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)、社寺設計建築・おかげさま(同、菅原雅重社長)の3社。

 ラクレットのように溶かして食べるハードタイプながら、モッツァレラのようなフレッシュさも持ち合わせるチーズを目指す。ラクレットは丸形に整えて3カ月間熟成させるのに対し、四角に整形し、木箱で3週間程度の熟成で済むのが特徴だ。チーズ社とあすなろが仕入れている放牧牛のミルクを原料に使用する。

 満寿屋商店が昨年、東京・自由が丘に出店する際、東京の目玉商品としてパンに合わせた新たなチーズができないかと、寺尾さんたちに依頼したのがきっかけ。ノーステック財団(東京)の「地域産業クラスターものづくり支援事業」の助成を受けた。

 新型コロナウイルスの影響から店のオープン時に合わせず開発を進めようと、月1回ほどのペースで帯広市内の麦音店に集まり、試食や改良を重ねている。現在は、おかげさまの菅原さんが製作した道産材の木枠で熟成している。

 寺尾さんは「フランスにも似たチーズはあった。ゼロからの挑戦、試行錯誤しながら取り組んでいる」と強調。満寿屋商店の天方慎治取締役は「十勝の素晴らしい素材で新たなものを生み出したい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

25日に秋の食遊フェス 苫小牧の4社が共同企画-店同士のコラボ商品も

 食欲の秋を楽しもう―。苫小牧市内の飲食店などを集めた食と体験のイベント「秋のとまこまい食遊フェス」が25日、しらかば町3の空揚げ専門店「からあげ専科 鶏から屋しらかば店」の駐車スペースと近接する...

苫小牧民報

早来かりんず「ハスカップ最中」商品化 甘さと酸味、爽やかな味わい-安平

 安平町安平の菓子製造「早来かりんず」(宮本勲代表)が、厚真産ハスカップを使った「ハスカップ最中」を商品化した。23~25日に苫小牧のMEGA(メガ)ドン・キホーテで開かれる東胆振物産まつりに出...

室蘭民報

地元産ホップビール準備着々、数量限定12月12日販売 ヌプルペッ・ペール・エ..

 登別産ホップを用いた地ビール製造・販売の準備が着々と進んでいる。ネーミングが正式に決まり、市制施行50周年を迎えた登別市をイメージして「Nupurpet Pale Ale(ヌプルペッ・ペール・...

十勝毎日新聞

料理締める癒やしのコーヒー 共同開発【帯広】

 コーヒーの卸売を行うグリーンファイブコーヒー(鈴木孝直代表)と、レストラン「yoshiyuki」(帯広市西3南10、西島祥之代表)は、洋食に合うコーヒー3銘柄を共同で開発し、オンラインストアで販...

十勝毎日新聞

小麦ヌーヴォー スタンプラリー開催中【十勝】

 収穫したばかりの十勝産小麦を使った料理を味わう「とかち小麦ヌーヴォー」(実行委員会主催)が始まっている。参加店では十勝の特産品を詰め合わせたセットが当たるスタンプラリーなどを行っている。 ...