北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

箱館醸蔵、酒米収穫スタート【七飯】

酒米「彗星」を丁寧に刈り取る参加者

 【七飯】七飯町大中山1で新たな酒蔵を建設中の箱館醸蔵(冨原節子社長)は20日、町中野の栽培圃場(ほじょう)で酒米の収穫を始めた。酒造好適米「彗星(すいせい)」を刈り取り、新しい酒造りへの意欲を新たにした。

 冨原亮道議(渡島総合振興局区)や鳴海拓史渡島総合振興局長、中宮安一七飯町長ら約20人が参加し、稲穂刈り初めの神事を行った。三嶋神社の水嶋恵嗣宮司が祝詞(のりと)を奏上し、参加者が鎌で稲を丁寧に収穫した。新酒で乾杯し、豊穣の秋を祝った。

 圃場は杉村久悦さん(68)が作る「彗星」約70アール。杉村さんは「今年初めて酒米を作ったが、出来は上々」と話した。  今年は町内の農家5戸が「彗星」「吟風(ぎんぷう)」を計6ヘクタール作付け、30トンを収穫予定。来年からは「きたしずく」も加わり、3品種18・5ヘクタールで90トンを収穫する計画。同社は酒米90トンを原料に、年間100キロリットルの清酒造りを目指す。

 醸造責任者の東谷浩樹杜氏(とうじ)(52)は「全ての熱意を色濃く反映した『淡麗旨口』の酒を表現できるよう努力する。道南活性化の一助になるよう事業を進めていきたい」と決意を述べた。中宮町長は「酒蔵の見学など子どもたちの教育に生かせると期待している。酒かすは体に良いので、町内の洋菓子店と連携し別の産業の振興にもつなげたい」と力を込めた。

 同社は道南で35年ぶりの日本酒造りに新規参入。来年2月から醸造を始め、3月下旬~4月上旬に新商品が出来上がる予定。

関連記事

日高報知新聞

医師住宅建設に寄付募る【浦河】

 住民有志による浦河赤十字病院を応援する会(土井忠男会長)は28日、浦河町社会福祉協議会で記者会見し、老朽化した同病院の医師住宅2棟を、今年度中に東町に新築することにあたり、改修費用を会員や住民か...

日高報知新聞

町の総合計画に高校生提言【平取】

【平取】第6次町総合計画の後期計画の策定にあたり「平取高校生まちづくりプレゼンテーション」が29日、ふれあいセンターびらとりで開かれ、1、2年生の生徒たち3組が町の課題と解決策について考えを述べた...

根室新聞

NET119緊急通報を導入 1日から運用【根室】

 根室市消防本部は11月1日から、音声での119番通報が困難な聴覚や言語機能などに障がいがある人がスマートフォンから画面操作等で消防に通報することができる「NET119緊急通報システム」の運用...

苫小牧民報

5年生が弁当考案、地元食材で町アピール 児童が収穫した米、ジャガイモ使用..

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)の5年生は29日、町役場庁舎前で自分たちが収穫した米や野菜を使ったオリジナルの「上小弁当」を販売した。開店前から町民や役場職員らがずらりと並び、用意した40個...

日高報知新聞

海外文化を楽しもう【浦河】

 浦河町教委が主催し、浦河高校が協力の浦河高校連携講座「ハロウィンパーティー~海外文化を楽しもう~」が28日夜、親子ら19人が参加して町総合文化会館で開かれ、カボチャ提灯(ジャックオーランタン)を作り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス