北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

全国からバスマニア 3社横断の乗り比べツアー【十勝】

ずらりと並んだバスを見て回る参加者ら(音更町の北海道拓殖バス本社で)

 北海道拓殖バス(音更)、十勝バス(帯広)、士幌交通(士幌)の3社は20日、各社の珍しい車両などを披露する「バスの日を楽しむ乗り比べツアー」を開催した。全国からバスマニアが詰め掛け、型式の古い車両などに熱視線を送った。

 新型コロナウイルスの影響で貸し切りバスのツアーが軒並み中止になる中、バス業界を盛り上げようと企画。拓殖バス観光課主任の大澤篤史さんが呼び掛け、社を横断した初の試みが実現した。発売から約1週間で定員に達し、開催前の反響も大きかった。

 43人が参加。十勝管内だけにとどまらず、遠くは熊本県からの参加もあった。バスを乗り比べられるよう、各社が1台ずつ用意。JR帯広駅前を午前10時前に出発し、3社の本社車庫などを1日かけて巡った。

 参加者の多くは一眼レフカメラを構え、車体をくまなく撮影。珍しい車両が現れると歓声や拍手を送って出迎えていた。中でもマニアたちをうならせたのは、拓殖バスで8月に発見されたばかりの、バスの行き先を表示する布製方向幕。手書きで現存しているのはマニアの間でも希少価値が高く、「すげえ」などと驚く声が聞かれた。

 福島県から参加した上月(こうづき)崇さん(39)は「拓殖バスの三つ扉のある車両に乗りたくて参加した。なかなか入れない車庫にも入れて楽しめた」と満足顔。拓殖バスの大澤さんは「楽しめたようなので、第2回も考えてみたい」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

菊まつり 密避け楽しんで 規模縮小、人数制限や検温も【帯広】

 晩秋に彩りを添える「第51回おびひろ菊まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が31日、5日間の日程で帯広市内のとかちプラザで始まる。十勝では新型コロナウイルス禍で初めての大規模イベント。例年より...

十勝毎日新聞

黄金色 イチョウのライトアップ開始【音更】

 音更町のむつみアメニティパーク(木野西通13)沿いの木野北通で25日、イチョウ(銀杏)並木のライトアップが始まった。黄金色に色づいたイチョウの葉が照らされ、通りを歩く人の目を引いている。 ...

十勝毎日新聞

今年は来店ラリー方式 「マルシェ」好調【十勝】

 十勝管内の飲食店などを巡る「とかちマルシェ」(9月19日~10月末)が最終盤を迎えた。割引チケットやスタンプラリーの効果もあり、飲食店の利用促進や地域を越えた回遊につながっていると評価されている...

室蘭民報

RFLセルフウォークリレー、24日開始「多くの参加を」 RFL実行委【室蘭】

歩数が募金、支援訴え  がんに負けない社会づくりを目指したチャリティー活動「リレー・フォー・ライフ・ジャパン(RFL)」。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国各地域での開催が中止される中、2...

室蘭民報

土器の破片「あったよ」、模擬体験発掘通し親子で縄文文化学ぶ 北黄金貝塚情..

 伊達市主催の第2回だてっ子遊び・学びの教室が18日、北黄金貝塚情報センターで開かれ、児童たちが遺跡の模擬体験発掘を通じて縄文時代の生活や文化に触れた。  市の青少年教育事業で、小学生の親子約...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス