北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

佑木瞬さん×ひづめみか~るさん新看板掲げ あうん堂がバー営業再開【函館】

看板デザインを手掛けたみか~るさん、佑木さんと、あうん堂の笹井代表(左から)

 函館市松風町の多目的スペース「函館あうん堂」(笹井完一代表)に新しい店頭看板がお目見えした。ドキュメンタリー写真家の佑木瞬さん(34)がホール内で撮影した写真に、雑貨デザイナーでイラストレーターのひづめみか~るさん(46)がイラストを重ねた作品。新型コロナウイルス禍を受け長く休業を続けてきたが、9月からカフェ&バーとしての通常営業を再開し、新看板が明るい花を添えている。

 看板は縦156センチ、横182センチ。かつてはライブスケジュールを毎月掲示したり、近年は往年のブルースミュージシャンをイメージしたイラストの看板を掲げたりしていた。

 佑木さんとみか~るさんは、昨年9月に母校の遺愛学院本館の写真にイラストを重ねた2人展「遺愛ちゃんがゆく!」をあうん堂で開催。笹井代表(52)が「みか~るさんの好きなように描いて」と2人にあうん堂をテーマとした作品を発注し、展示会に合わせ掲げる計画もあった。

 看板は、ピアノとギターに囲まれたホールで談笑する人たちがたくさんの音符と妖精、楽しそうに踊るイチゴや星に囲まれているデザイン。佑木さんは「遺愛に『遺愛ちゃん』がいたように『あうん堂くん』がいるよねと思いながら撮影した」とし、みか~るさんは「展示会にも友達が来てくれ、わいわい楽しんだ時のイメージで描いた」と話す。

 あうん堂ではコロナの影響で、3月からライブを伴う営業を休止。無観客でのライブ撮影と配信、週末ごとに地場産野菜、オリジナルグッズの物販イベントなどを続けてきた。客席の飛沫防止対策などを整えているが、当面、ライブ会場としての営業休止は継続する。

 新看板を掲げ、バー営業を再開した18日は偶然にも昨年の展示会開幕日と重なり、3人は「あうん堂くんが宿っている」と喜んだ。笹井代表は「ライブも含めたフルオープンの機会を待っていたが、慎重に行こうと判断しバー営業の再開となった。新しい看板は明るく幸せになれる感じになった」と話していた。

 バー営業は午後7時~深夜0時。定休日は第2火曜、毎週水曜。問い合わせは(0138・22・6360)へ。

関連記事

根室新聞

特産品で地元出身学生を応援 第2弾 1日から申込受付【根室】

 根室を離れ学業に励む学生に、地元特産品を贈る「根室出身学生応援!根室の旨いをお届け隊」の第2弾の募集が11月1日から始まる。今回も5千円相当分の地場産品詰め合わせを用意し、根室の味を届ける。...

根室新聞

下校見守り活動拡大 保護司会と更生保護女性会【根室】

 根室地区保護司会(袴谷良憲会長)は19日から根室更生保護女性会(原田純子会長)などと協力して、新たに花咲小学校の学校区周辺で下校児童の見守り活動を実施している。  見守り活動は根室地区保護...

苫小牧民報

厚真高生が復旧作業や工場見学 林業現場体験ツアー 未来の担い手育成へ

胆振総合振興局、胆振地域林業担い手確保推進協議会は20日、厚真高校の1年生32人を対象に「林業現場体験バスツアー」を行った。生徒たちは2018年9月の胆振東部地震で被災した厚真町内民有林の復旧作業...

苫小牧民報

公設市場30日まで意見公募 花卉は民間委譲へ 

苫小牧市は、公設地方卸売市場の民間活力導入に向けた準備を進めている。2021年度に青果、水産両市場の管理・運営を指定管理者に移行し、22年度に花卉(かき)市場を民間委譲する計画。市議会の12月定例...

苫小牧民報

王子サーモン ツイッターで 大きな反響、サケの種類を解説

スモークサーモン製造販売の王子サーモン(本社東京、本店苫小牧市)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でサケの種類を画像付きで紹介し、反響を呼んでいる。同社は20日に創業53年を迎えたばか...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス