北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

小泉環境相が阿寒摩周国立公園視察

意見交換会の開会に当たり、あいさつする小泉環境相

 小泉進次郎環境相が25日、観光施策の一環として国が取り組む「国立公園満喫プロジェクト」の阿寒摩周国立公園における実施状況などを把握するため、釧路管内に入った。1泊2日の行程で、釧路市阿寒湖温泉地域や弟子屈町、鶴居村などで関連施設の視察や関係者との意見交換会を行う。小泉氏は取材に対し、国立公園の保護と利活用の両立に向けて、地元と協力して課題を解決する姿勢を示した。    (須貝喜治)

 同プロジェクトは、阿寒摩周国立公園をはじめとする国内8カ所の国立公園で、訪日外国客(インバウンド)に選ばれる魅力的な国立公園づくりに向けた取り組みを計画的、集中的に行う。阿寒摩周国立公園では、温泉街の再生や国の特別天然記念物「マリモ」の観察ガイドツアー企画、アイヌ民族の思想、精神に沿ったツアープログラムの実現などに取り組んでいる。

 この日、小泉氏は釧路空港から阿寒湖温泉入りし、阿寒湖畔エコミュージアムセンターや阿寒湖ボッケ遊歩道、アイヌコタンなどを視察。その後、鶴雅ウイングスでNPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構の大西雅之理事長や小林一之副理事長、西田正男副理事長らを交えて意見交換会を行った。

 冒頭、小泉氏は「この地域での取り組みを先進事例として、全国34カ所の国立公園へ広げるためにも、忌(き)憚(たん)のない意見をぶつけてほしい」とあいさつ。続いて大西理事長が同地域での取り組みを説明したほか、街並みの景観改善やワーケーションの環境整備などを課題として訴えた。

 意見交換会終了後に取材に応じた小泉氏は、「期待以上の魅力を感じることができた。景観を損なう電線の対応や、駐車場を移転し公園を整備など、地域と共同しながら課題を解決していきたい」と述べた。一方、新型コロナウイルスによる観光への影響については「インバウンドのV字回復は難しく、いかに国内観光の需要を掘り起こすかが重要。国立公園の保護と利活用を両立させていく必要がある」との考えを示した。

 26日は弟子屈町の摩周湖や川湯温泉、鶴居村の温根内ビジターセンター、釧路市の釧路湿原野生生物保護センターなどを視察する予定。

関連記事

十勝毎日新聞

落花生ざっくざく 収穫スタート【芽室】

 十勝では珍しい落花生の収穫作業が、芽室町上伏古地区などで始まった。生産を手掛ける十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合(LLP)の藤井信二代表は「生育時に天候に恵まれ、例年にない収量が見込める...

十勝毎日新聞

レンジで「レベチ」な一品に 町出身の大西さん3冊目の料理本【本別】

 本別町出身で「クッキングエンターテイナー」の肩書で活動する大西哲也さん(38)=東京=は28日、自身3冊目となる料理のレシピ本「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)を出版する...

十勝毎日新聞

命尽きるまで見守る サクラマス産卵【十勝】

 日高山脈の麓にある十勝川水系の支流で25日、産卵を終えたサクラマスの雌が見られた。ぼろぼろの体で、最期を迎えるまで卵を見守っている。  道東のサクラマスは降海後1年で成熟し、生まれた川に戻っ...

釧路新聞

ツブのブランド化へ試食会【釧路】

ひがし北海道ブランド化推進協議会(小船井修一会長)は26日、釧路産ツブのブランド化に向けて、東京から有名シェフら有識者を招いた会議と商品試作会を釧路センチュリーキャッスルホテルで開いた。南仏の...

函館新聞

古流かたばみ会が生け花体験教室 リンドウを生ける【函館】

 古流かたばみ会北海道支部(仲谷理燿支部長)は26日、生け花体験教室「季節に学ぶ日本人の生き方」を函館市亀田交流プラザで開いた。リンドウを花材とし、市民15人が奥深い生け花の世界に触れた。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス