北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

「夕陽ノロッコ号」運行初日【釧路】

 

車窓から見える夕日を写真に収める乗客(28日午後4時50分ごろ)

世界三大夕日に数えられる釧路の夕日を列車内から楽しむ「夕陽ノロッコ号」が28日、運行初日を迎えた。観光列車として人気の高いJR北海道の「くしろ湿原ノロッコ号」の限定版で、30日までの3日間運行する。初日は好天に恵まれ、市民や道内外の観光客らが車窓から、釧路湿原を照らす夕日や夕焼けを堪能した。    

 夕陽ノロッコ号は下り列車が日没時間と重なる通常より遅い運行で、釧網線の釧路―塘路間を1日1往復運行。JR釧路駅を午後3時25分に出発し、同5時30分に戻ってくる。

 初日は指定席111席が完売し、自由席も合わせて往路約160人、復路約150人が乗り込んだ。車両は前面に釧路夕焼け倶楽部がデザインした特製ヘッドマークを装着して登場。車内では記念の乗車証明書や菓子処松屋の「ゆうひ」が配られたほか、同倶楽部の限定ポストカードや切手などが販売された。

 塘路駅では標茶町のゆるキャラ「ハッピーくろべぇ」と「ミルクックさん」が乗客をお出迎え。老舗菓子店石川十字堂の「とうろパイ」が配布され、駅ホームでは町の特産品「わかさぎ佃(つくだ)煮」が並んだ。

 この日の釧路市の日没時間は午後5時9分。JR北海道釧路支社が撮影ポイントとして勧める復路の塘路―細岡間の釧路川では夕日で水面が輝き、釧路湿原―東釧路間の岩保木水門では夕焼けが背景を彩った。乗客は各ポイントで列車が徐行する中、窓に食いつき景色を眺め、写真に収めていた。

 釧路高専の鉄道同好会のメンバー3人と乗車した藤田慎太郎さん(3年)は「釧路は3年目で初めてノロッコ号に乗ったが、時間が経つにつれてどんどん色が変わっていき、今まで見た中で一番良い夕日だった」と声を弾ませていた。

 残り2日は指定席がともに売り切れている。自由席は大人片道640円。乗車証明書は30日までに末広歓楽街の「さかまる別邸夕凪」と「炉ばた八」で提示し飲食すると、夕日ハイボール1杯がサービスされる。通常のノロッコ号は10月18日までの毎週末運転。10月3日には川湯温泉まで延長運転する。

関連記事

日高報知新聞

医師住宅建設に寄付募る【浦河】

 住民有志による浦河赤十字病院を応援する会(土井忠男会長)は28日、浦河町社会福祉協議会で記者会見し、老朽化した同病院の医師住宅2棟を、今年度中に東町に新築することにあたり、改修費用を会員や住民か...

日高報知新聞

町の総合計画に高校生提言【平取】

【平取】第6次町総合計画の後期計画の策定にあたり「平取高校生まちづくりプレゼンテーション」が29日、ふれあいセンターびらとりで開かれ、1、2年生の生徒たち3組が町の課題と解決策について考えを述べた...

根室新聞

NET119緊急通報を導入 1日から運用【根室】

 根室市消防本部は11月1日から、音声での119番通報が困難な聴覚や言語機能などに障がいがある人がスマートフォンから画面操作等で消防に通報することができる「NET119緊急通報システム」の運用...

苫小牧民報

5年生が弁当考案、地元食材で町アピール 児童が収穫した米、ジャガイモ使用..

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)の5年生は29日、町役場庁舎前で自分たちが収穫した米や野菜を使ったオリジナルの「上小弁当」を販売した。開店前から町民や役場職員らがずらりと並び、用意した40個...

日高報知新聞

海外文化を楽しもう【浦河】

 浦河町教委が主催し、浦河高校が協力の浦河高校連携講座「ハロウィンパーティー~海外文化を楽しもう~」が28日夜、親子ら19人が参加して町総合文化会館で開かれ、カボチャ提灯(ジャックオーランタン)を作り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス