北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「香り良くおいしい」【浦河】

 浦河町堺町東1のゲストハウス「MASAGO」で26日、浦河産冬イチゴ「かおり野」を使用したクラフトビール「イチゴ Milk Shake IPA」の試飲会が開かれた。

 このビールは、札幌市の澄川麦酒醸造所が開発。

 この日は午後6時過ぎから関係者と来賓数人が参加。同醸造所の醸造士・畠山雅之さん(36)も来浦し、ビール開発に到った経緯を話した。

 6月下旬に畠山さんが知人を介し、浦河のイチゴ生産農家と知り合ったのがきっかけ。イチゴだけでは十分な香りが乗らず、ホップ選びに苦労したという。どこで果実を入れるかによって全く風味が変わるフルーツビール。

 試行錯誤の結果、最後の工程でイチゴを加えることにより、「かおり野」の特長である甘さと香りを全面に出した飲み口の良いものとなった。

 元々大手ビールメーカーに勤務していた畠山さんだが、いろいろな声に応えたい、自らが手掛けた商品を消費者に届けたいとの思いから一念発起し同醸造所に転職。

 畠山さんは「コロナ禍で春先はきつかったが売り上げも戻りつつある」とし、「日本のクラフトビールの歴史は20年程でまだまだ発展途上。最近は、ふるさと納税の返礼品を作ってほしいとの声も頂いており、外に向けてクラフトビールの良さを発信していけたら」と話していた。

 来賓の池田拓浦河町長は、「冷えたイチゴビールは香りも良く大変おいしい。今後は昆布ビールや夏イチゴ〝すずあかね”を使用した酸味の効いたビールが開発できれば限定での商品化や、ふるさと納税の返礼品として浦河をPRするアイテムになるのでは」と今後の展開に期待を寄せていた。

開発したイチゴビールを紹介する畠山さん

関連記事

日高報知新聞

医師住宅建設に寄付募る【浦河】

 住民有志による浦河赤十字病院を応援する会(土井忠男会長)は28日、浦河町社会福祉協議会で記者会見し、老朽化した同病院の医師住宅2棟を、今年度中に東町に新築することにあたり、改修費用を会員や住民か...

日高報知新聞

町の総合計画に高校生提言【平取】

【平取】第6次町総合計画の後期計画の策定にあたり「平取高校生まちづくりプレゼンテーション」が29日、ふれあいセンターびらとりで開かれ、1、2年生の生徒たち3組が町の課題と解決策について考えを述べた...

根室新聞

NET119緊急通報を導入 1日から運用【根室】

 根室市消防本部は11月1日から、音声での119番通報が困難な聴覚や言語機能などに障がいがある人がスマートフォンから画面操作等で消防に通報することができる「NET119緊急通報システム」の運用...

苫小牧民報

5年生が弁当考案、地元食材で町アピール 児童が収穫した米、ジャガイモ使用..

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)の5年生は29日、町役場庁舎前で自分たちが収穫した米や野菜を使ったオリジナルの「上小弁当」を販売した。開店前から町民や役場職員らがずらりと並び、用意した40個...

日高報知新聞

海外文化を楽しもう【浦河】

 浦河町教委が主催し、浦河高校が協力の浦河高校連携講座「ハロウィンパーティー~海外文化を楽しもう~」が28日夜、親子ら19人が参加して町総合文化会館で開かれ、カボチャ提灯(ジャックオーランタン)を作り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス