北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ウトナイ湖にタンチョウのひな130年ぶり

ウトナイ湖周辺で確認されたタンチョウの親子。右にいるのがひな(日本野鳥の会提供)

日本野鳥の会は1日、苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリ内の湿地で、タンチョウのひなを130年ぶりに確認したと発表した。同湖を含む周辺地域で親子の姿が確認されたのは初めて。同サンクチュアリで営巣、産卵した可能性が高く、中村聡チーフレンジャーは「住宅や工場が近くても、タンチョウが住める貴重な湿地環境が残されている」と強調した。

 今年5月26日、レンジャーの1人が同サンクチュアリで、まだ飛べないひな1羽を連れた親鳥を確認した。1カ月後にも同じ場所に親子がいた。営巣は確認できていないが、広い湿原と外敵が近づきにくい環境、豊富な食物が繁殖を可能にしたとみられる。9月6日にも、湖周辺で同じ親子とみられるタンチョウが見られ、ひなは飛べるようになっていた。

 これまでウトナイ湖周辺で確認されたのは、1羽や2羽でいる成鳥。同会によると、1881(明治14)年の記録に「美々でタンチョウが生息し、繁殖している」との記述があることから、ひなの確認は約130年ぶりとみられる。

 中村レンジャーは「タンチョウが繁殖できる湿地の保全を進めたい」と話すとともに、カメラマンや観察者には「安心して子育てできるよう湿原に分け入るのはやめてほしい。温かく見守って」と呼び掛けている。

関連記事

十勝毎日新聞

落花生ざっくざく 収穫スタート【芽室】

 十勝では珍しい落花生の収穫作業が、芽室町上伏古地区などで始まった。生産を手掛ける十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合(LLP)の藤井信二代表は「生育時に天候に恵まれ、例年にない収量が見込める...

十勝毎日新聞

レンジで「レベチ」な一品に 町出身の大西さん3冊目の料理本【本別】

 本別町出身で「クッキングエンターテイナー」の肩書で活動する大西哲也さん(38)=東京=は28日、自身3冊目となる料理のレシピ本「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)を出版する...

十勝毎日新聞

命尽きるまで見守る サクラマス産卵【十勝】

 日高山脈の麓にある十勝川水系の支流で25日、産卵を終えたサクラマスの雌が見られた。ぼろぼろの体で、最期を迎えるまで卵を見守っている。  道東のサクラマスは降海後1年で成熟し、生まれた川に戻っ...

釧路新聞

ツブのブランド化へ試食会【釧路】

ひがし北海道ブランド化推進協議会(小船井修一会長)は26日、釧路産ツブのブランド化に向けて、東京から有名シェフら有識者を招いた会議と商品試作会を釧路センチュリーキャッスルホテルで開いた。南仏の...

函館新聞

古流かたばみ会が生け花体験教室 リンドウを生ける【函館】

 古流かたばみ会北海道支部(仲谷理燿支部長)は26日、生け花体験教室「季節に学ぶ日本人の生き方」を函館市亀田交流プラザで開いた。リンドウを花材とし、市民15人が奥深い生け花の世界に触れた。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス