北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ウトナイ湖にタンチョウのひな130年ぶり

ウトナイ湖周辺で確認されたタンチョウの親子。右にいるのがひな(日本野鳥の会提供)

日本野鳥の会は1日、苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリ内の湿地で、タンチョウのひなを130年ぶりに確認したと発表した。同湖を含む周辺地域で親子の姿が確認されたのは初めて。同サンクチュアリで営巣、産卵した可能性が高く、中村聡チーフレンジャーは「住宅や工場が近くても、タンチョウが住める貴重な湿地環境が残されている」と強調した。

 今年5月26日、レンジャーの1人が同サンクチュアリで、まだ飛べないひな1羽を連れた親鳥を確認した。1カ月後にも同じ場所に親子がいた。営巣は確認できていないが、広い湿原と外敵が近づきにくい環境、豊富な食物が繁殖を可能にしたとみられる。9月6日にも、湖周辺で同じ親子とみられるタンチョウが見られ、ひなは飛べるようになっていた。

 これまでウトナイ湖周辺で確認されたのは、1羽や2羽でいる成鳥。同会によると、1881(明治14)年の記録に「美々でタンチョウが生息し、繁殖している」との記述があることから、ひなの確認は約130年ぶりとみられる。

 中村レンジャーは「タンチョウが繁殖できる湿地の保全を進めたい」と話すとともに、カメラマンや観察者には「安心して子育てできるよう湿原に分け入るのはやめてほしい。温かく見守って」と呼び掛けている。

関連記事

苫小牧民報

支笏湖氷濤まつり会場設営進む 大小30基の氷像、骨組み9割完成-来月29..

 来月下旬に開幕する千歳・支笏湖氷濤まつりに向け、支笏湖まつり実行委員会(福士國治委員長)による会場設営が千歳市の支笏湖温泉第5駐車場で着々と進んでいる。大小約30基の氷像の骨組みは、4日までに...

苫小牧民報

コロナ禍、影響で集客苦戦 来場者44万人にとどまる-あびらD51ステーシ..

 安平町追分地区にある道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が、長期化する新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて集客に苦戦している。今年度の来場者数は11月末時点で44万4000人ほど...

日高報知新聞

様似でネイルアート展【様似】

【様似】町教委主催の「ネイルアートといろいろアート展」が、4日から町中央公民館ギャラリー21で始まった。20日まで。  作者の逢山真歩さんは、オホーツク管内斜里町出身で町内在住。日本ネイリスト協会1...

日高報知新聞

牛乳・乳製品料理【浦河】

浦河消費者協会(小林美代子会長、会員67人)主催の牛乳・乳製品消費拡大のための「牛乳・乳製品料理講習会」が4日、会員を対象に町保健センターで開かれ、参加者たちが和気あいあいと調理を楽しんだ。  ...

函館新聞

コープが東横イン大門に支援物資 道内6棟で初めて【函館】

 コープさっぽろ函館地区本部(川上啓本部長)は4日、道が運用している新型コロナウイルス軽症者・無症状患者が療養できる「東横イン函館駅前大門」に対し、カップ麺100人分など支援物資を寄付した。道内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス