北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

早速「完走」も オンライン「フードバレーマラソン」【十勝】

 新型コロナウイルスの影響でオンライン開催となった今年の「フードバレーとかちマラソン」(実行委員会主催)。スマートフォンで走行距離を記録する機能を活用して1日に始まり、既に完走者も現れている。今後、週末などを利用して各地を快走する市民ランナーが増えそうだ。

 参加者はスマートフォンの計測アプリを使い、ハーフマラソン(約21キロ)を走る。決まったコースはなく、31日までの1カ月間で累計の走行距離が規定の距離に達すると完走になる。完走後に専用のインターネットサイトから申し込むと、来年の大会に無料で出走できる権利や、協賛企業の商品やサービスなどが抽選で当たる。

 昨年まで3回連続で参加してきた帯広市の会社員石原拓美さん(33)は、日課のコースを巡って完走した。「オンライン開催で連続参加が継続できたのは、うれしい」と話す。

 コースが限定されていないため、札幌や東京で走って完走を申告した人も。札幌市の団体職員佐藤利昭さん(50)は「例年は7~8カ所の大会に参加しているが、今年は中止ばかり。フードバレーマラソンは出たことがなかったが、機会があれば来年挑戦したい」と語った。

関連記事

室蘭民報

RFLセルフウォークリレー、24日開始「多くの参加を」 RFL実行委【室蘭】

歩数が募金、支援訴え  がんに負けない社会づくりを目指したチャリティー活動「リレー・フォー・ライフ・ジャパン(RFL)」。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国各地域での開催が中止される中、2...

室蘭民報

土器の破片「あったよ」、模擬体験発掘通し親子で縄文文化学ぶ 北黄金貝塚情..

 伊達市主催の第2回だてっ子遊び・学びの教室が18日、北黄金貝塚情報センターで開かれ、児童たちが遺跡の模擬体験発掘を通じて縄文時代の生活や文化に触れた。  市の青少年教育事業で、小学生の親子約...

十勝毎日新聞

コロナ禍 ジャズで元気に 15日コンサート【帯広】

 「ティータイムコンサート Vol.2 ~ワンコインで楽しむ午後のひととき~」(帯広市文化スポーツ振興財団、市教委主催)が、15日午後2時から帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。新型コロナ...

十勝毎日新聞

小麦ヌーヴォー スタンプラリー開催中【十勝】

 収穫したばかりの十勝産小麦を使った料理を味わう「とかち小麦ヌーヴォー」(実行委員会主催)が始まっている。参加店では十勝の特産品を詰め合わせたセットが当たるスタンプラリーなどを行っている。 ...

十勝毎日新聞

蜷川実花展 早くも来場1万人突破 釧路の親子に記念品【帯広】

 帯広美術館(帯広市緑ケ丘2)で開催中の「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」(同展帯広実行委員会など主催)の来場者が13日午前、1万人を突破した。開幕21日目(休館日を除く)での達成は歴代6番目...