北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

1222店が参加表明 14日から購入予約 おびひろプレミアム商品券【帯広】

 「おびひろプレミアム商品券」(額面総額24億円分)を発行する実行委員会(所紀夫委員長)は7日、現時点で1222店が参加を表明していると公表した。14日から始まる商品券の購入予約では、新型コロナウイルスの感染防止対策として、商品券の引き換え場所を第3希望まで選択する方式とした。

新聞広告やチラシを手にPRする実行委のメンバー(右が所委員長)

 商品券事業は新型コロナウイルス関連の経済対策。実行委は帯広商工会議所や帯広市などで構成する。

 1000円券・12枚を1セットとし1冊1万円で販売する。プレミアム率は20%。販売数は計20万冊。商品券の販売・使用は11月16日にスタートするが、混雑を回避するため、購入は事前予約制とした。使用期間は来年1月末まで。

 事前予約で申し込む際は、商品券の引き換え場所を市内30カ所の中から第3希望まで選ぶ。30カ所はA(信販会社)、B(金融機関)、C(スーパー)にグループ分けされ、各1カ所しか選べない。その中から事務局が30カ所に分散するよう引き換え場所を選定する。

 購入できるのは市内在住者。専用はがきを郵送・持参する(25日必着)。持参先は事務局の新生帯広支社(帯広市大通南8)、帯広商工会議所(帯広市西3南9)など4カ所。公式ホームページ(HP)でも申し込める。購入できるのは1人10冊まで。

 商品券を使用できる店舗は4日まで募集。大型店、食品スーパー、ホームセンター、飲食店、理美容、コンビニエンスストアなど幅広く参加した。一覧は8日の十勝毎日新聞の広告欄=12、13面=で紹介、公式HPにも掲載している。実行委は「目標は1000店だったので予想以上」としている。参加店の募集は今後も続ける。

 概要は7日の実行委で報告された。所委員長(帯商副会頭)は引き替え場所の選択方式について、「わかりにくい面もあるが『3密回避』のためと理解し、協力を」と話している。

 詳細は公式HP、コールセンター(0155・67・4008、午前9時半~午後5時半、土日祝日休業)で。

関連記事

根室新聞

NET119緊急通報を導入 1日から運用【根室】

 根室市消防本部は11月1日から、音声での119番通報が困難な聴覚や言語機能などに障がいがある人がスマートフォンから画面操作等で消防に通報することができる「NET119緊急通報システム」の運用...

苫小牧民報

5年生が弁当考案、地元食材で町アピール 児童が収穫した米、ジャガイモ使用..

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)の5年生は29日、町役場庁舎前で自分たちが収穫した米や野菜を使ったオリジナルの「上小弁当」を販売した。開店前から町民や役場職員らがずらりと並び、用意した40個...

日高報知新聞

海外文化を楽しもう【浦河】

 浦河町教委が主催し、浦河高校が協力の浦河高校連携講座「ハロウィンパーティー~海外文化を楽しもう~」が28日夜、親子ら19人が参加して町総合文化会館で開かれ、カボチャ提灯(ジャックオーランタン)を作り...

日高報知新聞

窓口に番号発券機【浦河】

 浦河町役場町民課は22日から、新型コロナウイルス感染症対策として、転入転出などの届出や諸証明書の交付申請のために窓口に来る町民が混雑時に密にならないよう「窓口番号発券機」を設置した。  設置場所...

十勝毎日新聞

「砂エビ」味で勝負 「未利用品に価値を」【帯広】

 帯広地方卸売市場(高橋正行社長)は大樹漁協の協力を受け、シシャモ漁で混獲される「砂エビ」の取り扱いを新たに始めた。濃厚な風味が特徴の砂エビは、見た目などから同市場で流通していなかった。11月中旬...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス