北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

旬の味覚にこぼれる笑み 新グルメイベント「鵡川ししゃも小屋」開幕

炭火で焼きたてのししゃもを堪能する夫婦

 むかわ町観光協会による地元特産品の鵡川ししゃもを味わってもらう新たなグルメイベント「鵡川ししゃも小屋」が9日、町内松風のぽぽんた市場横の特設会場で始まった。初日は好天にも恵まれ、道内外から6組の観光客らが来町。炭火でじかに焼いた旬の味覚を存分に堪能する光景が広がった。

 新型コロナウイルス感染症対策のため、テントが張られたブースごとに仕切りを設置。会場内に香ばしい香りが漂い、来場者の食欲をそそった。

 大阪府から新婚旅行で訪れた木下洋樹さん(28)・優和さん(28)夫妻は「大阪で食べているししゃもと違い、ふっくらとしているし、パリッと焼き上がって身がしっかりしている。やっぱり本場は違いますね」と絶賛していた。

 今回のイベントはコロナ禍に加え、町内で例年11月上旬に行われる「鵡川ししゃもまつり」が1日開催のため、店舗や会場内が混雑する状況を踏まえ、同協会が新たなスタイルとして企画した。地元の吉村燻製工房の協力を得てホッキ貝やタコの空揚げなどの販売で協力している。

 同協会の荒舘康治事務局長は「町外から来た人にどれだけ満足してもらえるか。ここを拠点にお店に足を運び、実際に店主の話も聞いてもらえたら」と波及効果を期待していた。

 イベントは11月1日まで(毎週火、水曜定休)開催。時間枠は▽午前10時~▽同11時~▽正午~▽午後1時~の枠内で行う。料金は1回(50分)につき5人までとし、税込み2000円で場所を提供する。雄10尾、取り皿、割り箸、焼き台が付く。会場を利用して飲食する場合は、チケットの購入が必要。チケットはチケットぴあ、セブンイレブン、ファミリーマートで扱っている。定員は平日各10組(土日は各20組)。

 問い合わせは同協会 電話0145(47)2480。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩 浦河赤十字看護専門学校で戴帽式

 浦河赤十字看護専門学校(学校長・大柏秀樹浦河赤十字病院長)=浦河町東町ちのみ1=の第31回戴帽式が23日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女19人が看護の...

根室新聞

産学官金が連携 海鮮パスタソース開発【根室】

 根室で食品卸売業を営む根室商業協同組合(加藤順二理事長)と㈲伊藤畜産(伊藤泰通社長)はこのほど、産学官金連携による根室産水産物等を活用した新たな商品開発に取り組み、根室商工会議所、地元の水産...

根室新聞

オオハクチョウ 渡りに遅れか【根室】

 春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターは22日、今季最初のオオハクチョウ飛来数調査を風蓮湖、温根沼周辺で行った。確認羽数は392羽で、過去5年平均(1064.8羽)に比べて大幅に少なかった。同セ...

苫小牧民報

ししゃもやタラコ、特産品並ぶ 東胆振物産まつり開幕

 第37回東胆振物産まつり(同実行委員会主催)が23日、苫小牧市木場町のMEGAドン・キホーテ苫小牧店3階で開幕した。東胆振1市4町から12店が出店し、開始直後から多くの買い物客が訪れている。新...

苫小牧民報

25日に秋の食遊フェス 苫小牧の4社が共同企画-店同士のコラボ商品も

 食欲の秋を楽しもう―。苫小牧市内の飲食店などを集めた食と体験のイベント「秋のとまこまい食遊フェス」が25日、しらかば町3の空揚げ専門店「からあげ専科 鶏から屋しらかば店」の駐車スペースと近接する...