北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「オムツをはいたネコ」電子書籍に、下半身に障害の猫との生活つづる

 苫小牧市柏木町在住の佐久間良一さん(70)が2010年に自費出版したエッセー「オムツをはいたネコ」が電子書籍となり、インターネット上で販売されている。下半身に障害を負った飼い猫の「ネコさん」と暮らした16年間をつづったノンフィクションで、佐久間さんは「ぜひ多くの人や子どもたちに読んでほしい」と話している。

2010年に発行した本(左)と、電子書籍のチラシを手にする佐久間さん

 佐久間さんの愛猫、ネコさんは、30年以上前に知人からもらい受けたオス。人懐こく、やんちゃな猫だったが、飼い始めてから1年ほどたったある日、不慮の事故で背骨と右後ろ足を骨折。排せつと歩行に障害が残ったが、16年の生涯を精いっぱいに生き抜いた。

 佐久間さんは1995年、苫小牧民報のコラム「ゆのみ」にネコさんへの思いをしたためた。その後、動物虐待が大きな社会問題となり、市内でも虐待事案が発生したことから、「動物の命について考えてもらうきっかけになれば」と本の出版を決意。コラムに加筆して2010年11月、文芸社から自費出版した。

 それから10年がたった今年、東京都内の出版社22世紀アートの働き掛けで電子書籍化し、タイトルを「オムツをはいた猫 猫さんが虹の橋を渡るまでの16年間」に改めた。ネコさんとの出合いや事故に遭ったときの様子、時に悩み時に笑いながら過ごした日々を飾らない言葉でつづった内容は、紙の本と同じだ。

 佐久間さんは電子化で「手に取ってもらいやすくなったのでは」と笑顔で語り、「動物虐待はなくなっていない。命の重さと同時にプラス思考で生きることの大切さを、ネコさんから感じてほしい」と願いを込めた。

 同書はインターネット通販サイト「amazon(アマゾン)」で「Kindle(キンドル)版=電子書籍」として販売。1冊600円。購入方法や読み方の問い合わせは22世紀アート 電話03(5941)9774。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩 浦河赤十字看護専門学校で戴帽式

 浦河赤十字看護専門学校(学校長・大柏秀樹浦河赤十字病院長)=浦河町東町ちのみ1=の第31回戴帽式が23日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女19人が看護の...

根室新聞

産学官金が連携 海鮮パスタソース開発【根室】

 根室で食品卸売業を営む根室商業協同組合(加藤順二理事長)と㈲伊藤畜産(伊藤泰通社長)はこのほど、産学官金連携による根室産水産物等を活用した新たな商品開発に取り組み、根室商工会議所、地元の水産...

根室新聞

オオハクチョウ 渡りに遅れか【根室】

 春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターは22日、今季最初のオオハクチョウ飛来数調査を風蓮湖、温根沼周辺で行った。確認羽数は392羽で、過去5年平均(1064.8羽)に比べて大幅に少なかった。同セ...

苫小牧民報

ししゃもやタラコ、特産品並ぶ 東胆振物産まつり開幕

 第37回東胆振物産まつり(同実行委員会主催)が23日、苫小牧市木場町のMEGAドン・キホーテ苫小牧店3階で開幕した。東胆振1市4町から12店が出店し、開始直後から多くの買い物客が訪れている。新...

苫小牧民報

25日に秋の食遊フェス 苫小牧の4社が共同企画-店同士のコラボ商品も

 食欲の秋を楽しもう―。苫小牧市内の飲食店などを集めた食と体験のイベント「秋のとまこまい食遊フェス」が25日、しらかば町3の空揚げ専門店「からあげ専科 鶏から屋しらかば店」の駐車スペースと近接する...