北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

オリジナルの園庭作り 厚真町こども園つみき

園庭の整備に汗を流す職員と保護者ら

 厚真町こども園つみき(油谷諭園長)が今年度から4カ年計画で園庭の保育環境整備を」進めている。園児の主体性を養い、安心安全かつ自由に遊べる園庭を目指す。同園の職員や保護者らが1級建築士や保育環境研究といった専門のアドバイスを受けながら、オリジナルの園庭を作り上げていく。

 活動は4カ年計画で今年6月にワークショップ形式でスタート。1級建築士で子ども環境アドバイザーを務める井上寿さん、保育環境研究家で「おおぞら教育研究所」代表の木村歩美さんらが取り組みに協力している。

 今年度3回目となった今月11日には職員や保護者、町教育委員会の職員合わせた20人ほどが参加し、2班に分かれて作業。ブルドーザーを用意して築山を高くしたほか、古タイヤや木材を使って園庭に駆けっこなどの特設コースを作った。

 その傍らで、別の班は胆振東部地震の被災木を活用したウッドデッキやお店屋さんごっこを想定したミニ屋台などを手作り。電動工具を使ってねじを打ち込んだり、角に丸みを加えるなどオリジナルの遊具作りに取り掛かった。

 今後は2メートルほどの「ロープ渡り」や3メートルある「チャレンジタワー」などアスレチック遊具も完成させる予定。来年度以降、活動の日数を増やすなどして園庭の充実を図っていく。

 木村さんは「変化に富んだ、大人が安心して子どものチャレンジを見ていられる環境にしていく」と構想を語り、油谷園長は「震災後の日常を取り戻すために、規制なく自由に遊べる園庭を作りたい」と意気込む。

 同園のように、ワークショップや職員の研修を行いながら継続的な保育環境整備に取り組んでいる園は全国に複数あり、東胆振では苫小牧市のあけの保育園や安平町のおいわけ子ども園などがある。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩 浦河赤十字看護専門学校で戴帽式

 浦河赤十字看護専門学校(学校長・大柏秀樹浦河赤十字病院長)=浦河町東町ちのみ1=の第31回戴帽式が23日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女19人が看護の...

根室新聞

産学官金が連携 海鮮パスタソース開発【根室】

 根室で食品卸売業を営む根室商業協同組合(加藤順二理事長)と㈲伊藤畜産(伊藤泰通社長)はこのほど、産学官金連携による根室産水産物等を活用した新たな商品開発に取り組み、根室商工会議所、地元の水産...

根室新聞

オオハクチョウ 渡りに遅れか【根室】

 春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターは22日、今季最初のオオハクチョウ飛来数調査を風蓮湖、温根沼周辺で行った。確認羽数は392羽で、過去5年平均(1064.8羽)に比べて大幅に少なかった。同セ...

苫小牧民報

ししゃもやタラコ、特産品並ぶ 東胆振物産まつり開幕

 第37回東胆振物産まつり(同実行委員会主催)が23日、苫小牧市木場町のMEGAドン・キホーテ苫小牧店3階で開幕した。東胆振1市4町から12店が出店し、開始直後から多くの買い物客が訪れている。新...

苫小牧民報

25日に秋の食遊フェス 苫小牧の4社が共同企画-店同士のコラボ商品も

 食欲の秋を楽しもう―。苫小牧市内の飲食店などを集めた食と体験のイベント「秋のとまこまい食遊フェス」が25日、しらかば町3の空揚げ専門店「からあげ専科 鶏から屋しらかば店」の駐車スペースと近接する...