北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

上ノ国で秋の風物詩の稲積並ぶ【上ノ国】

田んぼに並んだ稲積

 【上ノ国】町中須田の道道5号江差木古内線南側に広がる京谷作右衛門さん(77)方の田んぼで、稲ワラの束を円錐形に積み上げ乾燥させる稲積(にお)が、先月下旬からお目見えし、昔ながらの水田の風物詩がみられた。今年は、昨年より20基減らした約65基が並んだ。17日から脱穀作業を始めるという。

 稲積でじっくりと天日乾燥させたコメは、冷めてもおいしさが長持ちするといい、昨年度の町のふるさと納税返礼品にも採用されている。京谷さんは、「自然乾燥米」求める消費者の声に答えることに加え、飼育する16頭の馬の飼料の一部としての利用や馬のお産の際に使用する汚れのない敷きワラ確保のため、毎年稲積を作成している。

 京谷さんは、穂のついたまま束ねたワラを、予め三角錐(すい)形状に組んだ3本の支柱に、穂が内側になるようにワラをはさみ込みながら、高さ約2メートルまで積み上げる。スズメの食害を防ぐため網をかけ、頂上部分はブルーシートを被せている。

 京谷さんは「馬の飼料にワラを使い、馬ふん堆肥で化学肥料を低減する循環型農業を目指している」と話し、近隣ではめっきり減った稲積文化を、来年以降も続けていくという。

関連記事

根室新聞

NET119緊急通報を導入 1日から運用【根室】

 根室市消防本部は11月1日から、音声での119番通報が困難な聴覚や言語機能などに障がいがある人がスマートフォンから画面操作等で消防に通報することができる「NET119緊急通報システム」の運用...

苫小牧民報

5年生が弁当考案、地元食材で町アピール 児童が収穫した米、ジャガイモ使用..

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)の5年生は29日、町役場庁舎前で自分たちが収穫した米や野菜を使ったオリジナルの「上小弁当」を販売した。開店前から町民や役場職員らがずらりと並び、用意した40個...

日高報知新聞

海外文化を楽しもう【浦河】

 浦河町教委が主催し、浦河高校が協力の浦河高校連携講座「ハロウィンパーティー~海外文化を楽しもう~」が28日夜、親子ら19人が参加して町総合文化会館で開かれ、カボチャ提灯(ジャックオーランタン)を作り...

日高報知新聞

窓口に番号発券機【浦河】

 浦河町役場町民課は22日から、新型コロナウイルス感染症対策として、転入転出などの届出や諸証明書の交付申請のために窓口に来る町民が混雑時に密にならないよう「窓口番号発券機」を設置した。  設置場所...

十勝毎日新聞

「砂エビ」味で勝負 「未利用品に価値を」【帯広】

 帯広地方卸売市場(高橋正行社長)は大樹漁協の協力を受け、シシャモ漁で混獲される「砂エビ」の取り扱いを新たに始めた。濃厚な風味が特徴の砂エビは、見た目などから同市場で流通していなかった。11月中旬...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス