北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝発 食品ロス削減 パン夜間割引く「満寿屋方式」【東京】

 ホームレスの人の自立を支援するため雑誌販売の仕事を提供する「ビッグイシュー日本」は16日、東京都神楽坂で「夜のパン屋さん」を始めた。複数のパン店の売れ残り商品を集め、夜間に販売。フードロス削減とホームレス生活再建の社会課題を、経済活動で解決する。企画したのは帯広の北村貴さん(グロッシー社長)で、アイデアの源泉は帯広のパン製造販売「満寿屋商店」だった。

パン販売を支援する北村さん

 パン店は顧客の要望に応えようと豊富に商品を用意するため、売れ残りも出る。満寿屋は十勝管内の店舗で売れ残ったパンを帯広市中心部にある本店(西1南10)に集め、夜間に通常より安く販売している。

 この「満寿屋方式」に感銘を受けた北村さんは、多くのパンが売れ残り、夜間のパン購入需要が高い東京でこそ必要なビジネスモデルと考えた。複数の企業・団体に提案し、ビッグイシュー日本が関心を示した。

 雑誌「ビッグイシュー日本版」はホームレスの人が路上で立って販売するため、高齢などの理由で働くことが難しい人もいる。ビッグイシュー日本東京事務所の佐野未来さんは「すぐにできる仕事の選択肢が複数あればいいと考えていた」と語る。

 夜のパン屋さんは、神楽坂駅前の書店「かもめブックス」の軒先に構え、木-土曜の午後7時半に開店する。現在は満寿屋東京本店や都内の人気パン店など8店舗から廃棄予定の売れ残り商品を安く仕入れ、ホームレスの人が商品運搬や販売を担う。

初日から多くの人でにぎわう「夜のパン屋さん」

 初日は開店前に約50人が列をつくり、約1時間で完売した。北村さんは「多くの客が来てくれてうれしい。継続が重要で、路上生活者の自立に向けたステップになれば」と期待する。音更町の「toi」など協力パン店は増える予定で、キッチンカーや大阪での販売も検討している。

 現場を訪れた満寿屋の高濱千尋ブランドマネジャーは「帯広本店の深夜営業は、農家の努力で作ることができたパンを無駄にできないとの思いで始まった。農家への恩返しになり、東京でも広がってほしい」と話している。

関連記事

函館新聞

文団協芸術展で函館市民文化祭開幕 個性光る力作多彩に【函館】

 今年度の函館市民文化祭が30日、市芸術ホールで開幕した。初日はギャラリーでの展示部門「清秋・函館市文団協芸術展」や茶席が設けられた。  市教委と市文化団体協議会(文団協、今井憲克会長)、市...

函館新聞

ナガイモ秋掘り盛ん 強い粘りと甘み 北斗・谷観光農場【北斗】

 【北斗】北斗市向野の谷観光農場(谷文貴代表)で、ナガイモの秋掘りが本格化している。今年産の収量は平年並みの見込みで、31日から直売も始める。  谷さん方では今年1・3ヘクタールに作付け、今...

日高報知新聞

医師住宅建設に寄付募る【浦河】

 住民有志による浦河赤十字病院を応援する会(土井忠男会長)は28日、浦河町社会福祉協議会で記者会見し、老朽化した同病院の医師住宅2棟を、今年度中に東町に新築することにあたり、改修費用を会員や住民か...

日高報知新聞

町の総合計画に高校生提言【平取】

【平取】第6次町総合計画の後期計画の策定にあたり「平取高校生まちづくりプレゼンテーション」が29日、ふれあいセンターびらとりで開かれ、1、2年生の生徒たち3組が町の課題と解決策について考えを述べた...

根室新聞

NET119緊急通報を導入 1日から運用【根室】

 根室市消防本部は11月1日から、音声での119番通報が困難な聴覚や言語機能などに障がいがある人がスマートフォンから画面操作等で消防に通報することができる「NET119緊急通報システム」の運用...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス