北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

開館以来初 サケ遡上に驚き 千歳水族館の「せせらぎ水路」

 千歳市花園のサケのふるさと千歳水族館敷地内に整備された「せせらぎ水路」に、開館以来初めてシロザケが遡上(そじょう)し、訪れた観光客や同館関係者を驚かせている。

懸命にジャンプを繰り返し、せせらぎ水路を上るシロザケ=15日午前

 千歳川につながる同水路は、水族館が毎年春に実施するサケの稚魚放流で知られる。1994年9月の開館時にサケが回帰する水路にしよう―と初代館長の木村義一氏が発案。千歳川からくみ上げた水と水族館の水槽の水を水源とする階段式魚道を開設した。

 同水路は親子が憩う親水空間として長年親しまれてきたが、これまでサケが遡上することはなかった。今月2日に最初に確認されて以降、千歳川を遡上するサケに比例して同水路でも徐々に増えてきて15日時点で水族館裏の池で5匹、水路の各所で3~5匹が確認され、これまでに60匹超。一部で産卵もしているという。

 水路は総延長273メートル。最大45センチと落差は大きく、サケにとっての難所は12カ所。散歩中の市民が魚道で何度もジャンプを試みる傷ついたサケに「頑張れ、頑張れ!」と声掛けしながら応援している。

 菊池基弘館長は「開館26年で初めての現象。夏はイトヨやフクドジョウの繁殖が確認され、秋にはサケの大挙遡上と、今年の水路は話題が尽きない」とし、「初めてのことなので、静かに見守ってほしい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

医師住宅建設に寄付募る【浦河】

 住民有志による浦河赤十字病院を応援する会(土井忠男会長)は28日、浦河町社会福祉協議会で記者会見し、老朽化した同病院の医師住宅2棟を、今年度中に東町に新築することにあたり、改修費用を会員や住民か...

日高報知新聞

町の総合計画に高校生提言【平取】

【平取】第6次町総合計画の後期計画の策定にあたり「平取高校生まちづくりプレゼンテーション」が29日、ふれあいセンターびらとりで開かれ、1、2年生の生徒たち3組が町の課題と解決策について考えを述べた...

根室新聞

NET119緊急通報を導入 1日から運用【根室】

 根室市消防本部は11月1日から、音声での119番通報が困難な聴覚や言語機能などに障がいがある人がスマートフォンから画面操作等で消防に通報することができる「NET119緊急通報システム」の運用...

苫小牧民報

5年生が弁当考案、地元食材で町アピール 児童が収穫した米、ジャガイモ使用..

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)の5年生は29日、町役場庁舎前で自分たちが収穫した米や野菜を使ったオリジナルの「上小弁当」を販売した。開店前から町民や役場職員らがずらりと並び、用意した40個...

日高報知新聞

海外文化を楽しもう【浦河】

 浦河町教委が主催し、浦河高校が協力の浦河高校連携講座「ハロウィンパーティー~海外文化を楽しもう~」が28日夜、親子ら19人が参加して町総合文化会館で開かれ、カボチャ提灯(ジャックオーランタン)を作り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス