北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

道産アオノリなど海藻の新商品、大使の児童がPR【函館】

店頭に立ち、商品をPRする児童

 はこだて海の教室実行委(菅原雅仁会長)は17日、函館市弁天町のベンチャー企業、北海道マリンイノベーションとのコラボレーションで開発した「北海道あおのり」など海藻を使った新商品発表会を函館空港で開いた。子ども海藻大使の市内・近郊の児童7人が空港利用者らに新商品をPRした。

 日本財団(東京)の「海と日本プロジェクト」の一環。同実行委では近年の海水温の上昇で四国や九州の特産品であるアオノリが北海道沿岸でもとれることから、道産品を干して板のりにした「北海道あおのり」の商品化を進めてきた。

 児童は同実行委主催の子ども海藻アカデミーで、アオノリの手すきやコンブ干しを体験。商品パッケージのイラストも手掛けた。発表会では北海道あおのり、函館産マコンブを細切りにした「函館春採り昆布」、「北大ガゴメ」の3商品をパネルを使って紹介。商品を販売する空港内の「みなみ北海道物産館」の店頭に立ち、「アオノリは上品な磯の香りが特徴。みそ汁や炒め物に合う」「ガゴメコンブは免疫力アップに効果がある」と利用者に呼び掛けた。

 パッケージの絵を描いた函館深堀小5年の小池田睦子さん(11)は「アオノリのおいしさが伝わるデザインを考えた。どの海藻も栄養価が高いのでぜひ多くの人に食べてほしい」と話していた。

 商品は同空港と市若松町のキラリス函館で、777円(税込)で販売。

関連記事

根室新聞

NET119緊急通報を導入 1日から運用【根室】

 根室市消防本部は11月1日から、音声での119番通報が困難な聴覚や言語機能などに障がいがある人がスマートフォンから画面操作等で消防に通報することができる「NET119緊急通報システム」の運用...

苫小牧民報

5年生が弁当考案、地元食材で町アピール 児童が収穫した米、ジャガイモ使用..

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)の5年生は29日、町役場庁舎前で自分たちが収穫した米や野菜を使ったオリジナルの「上小弁当」を販売した。開店前から町民や役場職員らがずらりと並び、用意した40個...

日高報知新聞

海外文化を楽しもう【浦河】

 浦河町教委が主催し、浦河高校が協力の浦河高校連携講座「ハロウィンパーティー~海外文化を楽しもう~」が28日夜、親子ら19人が参加して町総合文化会館で開かれ、カボチャ提灯(ジャックオーランタン)を作り...

日高報知新聞

窓口に番号発券機【浦河】

 浦河町役場町民課は22日から、新型コロナウイルス感染症対策として、転入転出などの届出や諸証明書の交付申請のために窓口に来る町民が混雑時に密にならないよう「窓口番号発券機」を設置した。  設置場所...

十勝毎日新聞

「砂エビ」味で勝負 「未利用品に価値を」【帯広】

 帯広地方卸売市場(高橋正行社長)は大樹漁協の協力を受け、シシャモ漁で混獲される「砂エビ」の取り扱いを新たに始めた。濃厚な風味が特徴の砂エビは、見た目などから同市場で流通していなかった。11月中旬...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス