北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

大規模災害に備えて【浦河】

 日高振興局の防災訓練が16日、浦河町栄丘東通の日高合同庁舎4階講堂で行われ、同振興局職員と各関係機関から約60人が参加して、いざという時の動きや流れを確認した。

 近年、全国的に大雨などによる大規模自然災害が頻発しており、日高管内でもいつ発生してもおかしくない状況となっているため、災害発生時における実践的な初動対応能力の向上を図る。

 参加者は日高振興局職員、室蘭開発建設部、室蘭地方気象台、浦河海上保安署、陸上自衛隊第七高射特科連隊、浦河警察署、室蘭建設管理部、管内各町防災係、消防組合消防本部、北海道電力ネットワーク苫小牧支店、道庁総務部危機対策課職員。

 大型の台風が北海道に接近、上陸して管内で大規模な災害が発生。管内複数町で浸水被害や土砂災害で人的被害や一部孤立集落が発生したため、災害対策日高地方本部指揮室(日高振興局内)を設置し、対応にあたる―という想定。

 シミュレーション型図上訓練で、参加者には訓練内容は知らせず、最中に訓練運営者側が被害想定を与え、その場の判断で臨機応変に対応させる実践的な訓練。

 4階講堂に道災害対策日高地方(連絡)本部指揮室を設置し、支援員(コントローラー)、情報、統括・広報の統括班、総務班、救急物資班、救出・医療班、避難者対策班、ライフライン班を振興局職員が担当した。

 指揮室長の杉西紀元日高振興局副局長は「日ごろの訓練が非常に重要。訓練を重ねてイメージを持つことが大事。積極的に訓練にのぞんでほしい」と参加者に呼び掛け、訓練が始まった。気象警報、災害情報、被害状況の収集・伝達など参加者は自分の役割に取り組んでいた。

防災訓練に取り組む参加者たち

関連記事

苫小牧民報

携帯用トイレットペーパーを開発 レジャー需要や衛生対策に-東京紙工道工場

 レジスター用ロール紙などを手掛ける東京紙工北海道工場(苫小牧市柳町、本社埼玉県和光市)が、バッグにも入るコンパクトな携帯用トイレットペーパー「ノンノ」を製造・発売した。コロナ禍による屋外レジャ...

苫小牧民報

災害復旧用の特殊機械製品化 むかわ町/北見工大/苫高専/とませい/M Dinoが連..

 むかわ町と北見工業大学の地域と歩む防災研究センター、苫小牧工業高等専門学校地域共同研究センター、苫小牧市の清掃業「とませい」、むかわ地域商社「M Dino(エムディノ)」は26日、災害復旧用特...

日高報知新聞

計画案を再吟味【平取】

【平取】広域観光の振興を目指す第2回「鵡川・沙流川WAKUWAKU協議会」が20日、平取町役場で開かれた。  同会代表の遠藤桂一平取町長の開会あいさつに続き、これまでの事業計画と収支決算状況などが...

日高報知新聞

「対話」からのまちづくり【浦河】

 池田拓町長と浦河高校の生徒による「対話からのまちづくりを考える」が24日、同校で開かれ、3年生の課題研究班(23班)のうち3班が外国人との英語交流や子どもたちの運動能力を活性化する科学的アプローチ、...

名寄新聞

日本選手権で3位入賞・カーリング協会Jrチーム【名寄】

 名寄カーリング協会ジュニアチーム「JJクレッシェンド」が、JOCジュニアオリンピックカーリング第29回日本ジュニアカーリング選手権大会で3位入賞。メンバーたちが26日に市役所名寄庁舎を訪れ、加藤...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス