北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

木質バイオマスボイラー【浦河】

 浦河町が昨年8月から建設工事を進めていた築地1の「浦河町木質バイオマスエネルギーセンター」が完成し、20日、同センターで落成式と内覧会が開かれ、町議会議員や日高東部森林組合、ひだか南森林組合、町、町教委、日高東部消防組合など関係者約30人が出席し竣工を祝った。日高管内で初めての木質バイオマスボイラー設備。

 役場庁舎や日高東部消防組合庁舎、町民プールの老朽化した暖房施設の改修を検討し、二酸化炭素削減の大きな一歩となる施設が完成した。

 センターは、鉄骨造平屋建て198平方㍍で機械室・電気室・木質原料サイロ(78立方㍍)に区分され、木質バイオマスボイラー(360kw)2基と補助ボイラー(430kw・灯油使用)2基、蓄熱槽(貯湯タンク・9㌧)2基が配置されている。 

 環境省の再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業3分の2の補助を受け、総事業費は4億9936万2000円。

 森林資源を活用し、燃料費990万円が770万円となり77・8%に減額、二酸化炭素削減効果は330㌧から20㌧に減少し6・1%になると試算している。

 ひだか南森林組合(様似町)生産の木質チップを年間約423㌧を使用する。役場庁舎と消防庁舎の供用開始はこの日から始まった。

 池田拓町長は、「町では、地球温暖化防止のため二酸化炭素削減として街路灯、防犯灯のLED化や太陽光発電設備の導入などさまざまな施策を展開してきた。二酸化炭素削減の大きな一歩となる木質バイオマスエネルギーセンターが完成し、これからの浦河のすばらしい環境を子どもたちにしっかり伝えていくために努力していきたい」とあいさつ。

 この後、池田町長、佐々木孝雄町議会議長、日高東部森林組合の森政巳副組合長、ひだか南森林組合の小野哲弘組合長がテープカットを行った。

テープカットをする池田町長(左から2番目)右から小野組合長、佐々木議長、左は森副組合長

 火入れ式は池田町長が行い、建設課の酒井高史建築係長が施設の概要を説明した。

木質バイオマスボイラーに火入れをする池田町長

関連記事

苫小牧民報

携帯用トイレットペーパーを開発 レジャー需要や衛生対策に-東京紙工道工場

 レジスター用ロール紙などを手掛ける東京紙工北海道工場(苫小牧市柳町、本社埼玉県和光市)が、バッグにも入るコンパクトな携帯用トイレットペーパー「ノンノ」を製造・発売した。コロナ禍による屋外レジャ...

苫小牧民報

災害復旧用の特殊機械製品化 むかわ町/北見工大/苫高専/とませい/M Dinoが連..

 むかわ町と北見工業大学の地域と歩む防災研究センター、苫小牧工業高等専門学校地域共同研究センター、苫小牧市の清掃業「とませい」、むかわ地域商社「M Dino(エムディノ)」は26日、災害復旧用特...

日高報知新聞

計画案を再吟味【平取】

【平取】広域観光の振興を目指す第2回「鵡川・沙流川WAKUWAKU協議会」が20日、平取町役場で開かれた。  同会代表の遠藤桂一平取町長の開会あいさつに続き、これまでの事業計画と収支決算状況などが...

日高報知新聞

「対話」からのまちづくり【浦河】

 池田拓町長と浦河高校の生徒による「対話からのまちづくりを考える」が24日、同校で開かれ、3年生の課題研究班(23班)のうち3班が外国人との英語交流や子どもたちの運動能力を活性化する科学的アプローチ、...

名寄新聞

日本選手権で3位入賞・カーリング協会Jrチーム【名寄】

 名寄カーリング協会ジュニアチーム「JJクレッシェンド」が、JOCジュニアオリンピックカーリング第29回日本ジュニアカーリング選手権大会で3位入賞。メンバーたちが26日に市役所名寄庁舎を訪れ、加藤...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス