北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

RFLセルフウォークリレー、24日開始「多くの参加を」 RFL実行委【室蘭】

「RFLセルフウォークリレー」のチラシなどの郵送作業を進めるRFL室蘭実行委員会の関係者ら=13日

歩数が募金、支援訴え

 がんに負けない社会づくりを目指したチャリティー活動「リレー・フォー・ライフ・ジャパン(RFL)」。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国各地域での開催が中止される中、24日から、オンラインによる「RFLセルフウォークリレー」(全国のRFL実行委員会など主催)が開かれる。主催団体の一つ、RFL室蘭実行委員会(野尻秀一会長)では「歩いた歩数が、がん征圧の募金につながる。未来の希望となるイベント」と、多くの参加を呼び掛けている。

 がん患者(がんサバイバー)と家族を支援し、がん撲滅の願いを発信しながら、地域社会全体でがん征圧を目指すRFLは昨年、全国48会場で延べ6万人強が参加。各会場に寄せられた募金や広告協賛金などは日本対がん協会に贈られ、無料電話相談(がん相談ホットライン)や若手医師育成などに用いている。

 「RFLセルフウォークリレー」は、全国各地域で開催中止が余儀なくされたRFLの代替イベント。スマートフォンの歩数計アプリを用いて、「参加者それぞれが歩いた歩数を報告」してもらった上で、「1万歩=千円に換算」し、「合計歩数分の金額について、がん相談ホットラインの支援」につなげる内容。

 24日から11月23日まで実施。全国1万人の参加を見込み、目標額は3千万円に据えている。日本対がん協会では「がん相談ホットラインは『1人の相談を4万歩で支援できる』」と訴える。

 参加はスマホに歩数計アプリ「スポーツタウンWALKER(ウォーカー)」をインストールした上で、イベント支援サイト「moshicom(モシコム)」への申し込みが必要。参加費は寄付金を含めて大人千円、がんサバイバーや高校生以下は500円。申し込み締め切りは11月15日。

   ◇

 8月の「RFL室蘭」の開催を取りやめたRFL室蘭実行委員会では今月13日、計130の協賛企業・団体らに「RFLセルフウォークリレー」のチラシなどを郵送。西胆振の住民らにも、イベント参加も呼び掛けている。

 野尻実行委員長は「毎年、心待ちにしているがんサバイバーや参加者の想(おも)いを繋(つな)ぐイベント」と、オンラインでRFLを行う意義を強調。「がん相談ホットラインの運営など、みなさんの1歩が、がんサバイバー支援にもつながる」と訴えている。

 問い合わせはRFL室蘭実行委員会(小田中さん、携帯電話080・1885・1634)へ。参加申し込みはファクス(0143・24局3483番)でも可能。詳細はRFL室蘭実行委員会のホームページ( https://rfljmuroran.jimdofree.com/ )でも確認できる。

関連記事

十勝毎日新聞

地元の食ずらり 道の商品券使用も 藤丸で大収穫市【帯広】

 「とかち大収穫市うまいもんまつり」が12日午前、藤丸7階催事場で始まった。道が発行する「プレミアム付どさんこ商品券」が十勝管内で使える初の機会とあって、多くの人が訪れた。17日まで。  藤...

十勝毎日新聞

動画で駅前ともそう コロナ禍・イルミネーション事業【帯広】

 冬の帯広中心部を電球の明かりで彩る「おびひろイルミネーションプロジェクト」が、28日~来年2月23日の予定で展開される。20回目の今年は初の試みとして、「コロナ禍を明るく乗り切ろう」をテーマにメ...

十勝毎日新聞

菊まつり 密避け楽しんで 規模縮小、人数制限や検温も【帯広】

 晩秋に彩りを添える「第51回おびひろ菊まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が31日、5日間の日程で帯広市内のとかちプラザで始まる。十勝では新型コロナウイルス禍で初めての大規模イベント。例年より...

十勝毎日新聞

黄金色 イチョウのライトアップ開始【音更】

 音更町のむつみアメニティパーク(木野西通13)沿いの木野北通で25日、イチョウ(銀杏)並木のライトアップが始まった。黄金色に色づいたイチョウの葉が照らされ、通りを歩く人の目を引いている。 ...

十勝毎日新聞

今年は来店ラリー方式 「マルシェ」好調【十勝】

 十勝管内の飲食店などを巡る「とかちマルシェ」(9月19日~10月末)が最終盤を迎えた。割引チケットやスタンプラリーの効果もあり、飲食店の利用促進や地域を越えた回遊につながっていると評価されている...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス