北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

王子サーモン ツイッターで 大きな反響、サケの種類を解説

スモークサーモン製造販売の王子サーモン(本社東京、本店苫小牧市)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でサケの種類を画像付きで紹介し、反響を呼んでいる。同社は20日に創業53年を迎えたばかりで、担当者は「わが社の誕生日に多くの皆さんにサケの魅力を伝えられた」と喜んでいる。

王子サーモンが投稿し、話題を呼んだツイート

 同社店舗統括部でSNS(インターネット交流サイト)を担当する安田敬秀さん(33)がツイッターに投稿したのは19日午後4時ごろ。「サケにもさまざまな種類があることを紹介したかった」とし、買い物の際に役立ててもらおうと国内で流通する主要なサケ6種類の情報を発信。キングサーモンやベニザケなどの名前と全身、身の色、産地、世界における生産量の比率、食感などの特徴を画像付きの表でまとめた。

 投稿してすぐに「詳しくて分かりやすい」「サケ図鑑だ」「勉強になります」などの返信が相次ぎ、21日午前10時時点でリツイートが約3万1000件、”いいね”も9万件ほど寄せられている。

 コロナ禍で売り上げが激減し、「助けてください」とツイートした今年4月のリツイート約5万件、”いいね”の約8万6000件に並ぶような反響ぶりに、安田さんは「興味を持っていただけて率直にうれしい」と感謝。「サーモンと一口に言っても多くの種類がある。味の違いや魅力を今後も伝えていきたい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

電話は「鳴りっぱなし」【浦河】

 浦河町は6日朝、高齢者(65歳以上)の新型コロナワクチン接種の電話予約を開始した。午前9時からの受け付けで予約窓口の町保健センターの6回線の電話は鳴りっぱなしで、職員は対応に追われた。   町に...

日高報知新聞

課題山積、職員一丸で【新冠】

【新冠】4月20日告示の町長選挙で再選し、5月1日から任期がスタートした鳴海修司町長が6日初登庁し、職員に町政運営への思いを伝えた。任期は2025年4月30日まで。  午前8時半に登庁した鳴海町長は...

苫小牧民報

苫漁協のホッキ漁国際新認証を取得 世界基準で価値高める

苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は20年連続水揚げ日本一のホッキ漁で、水産エコラベルの国際認証「マリン・エコ・ラベル」(MEL)のバージョン2を取得した。同漁協が取得していた旧認証の終了に伴い...

苫小牧民報

地域おこし協力隊員 新たに男性2人 「白老のために」意欲

白老町の地域おこし協力隊員として新たに2人の若い男性が採用され、6日に町役場で委嘱状が交付された。  協力隊員になったのは、熊本市出身の安田裕太郎さん(26)=観光振興担当=と、札幌市出身の山﨑...

十勝毎日新聞

畑に点々 期待の緑 ビートの苗 移植ピーク【上士幌】

 砂糖の原料となるビートの苗の移植作業が、主産地の十勝管内でピークを迎えている。ビニールハウスで育てた苗は機械で次々と植え付けられ、畑の土色と苗の緑色が鮮やかなコントラストをなしている。  上...