北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

公設市場30日まで意見公募 花卉は民間委譲へ 

苫小牧市は、公設地方卸売市場の民間活力導入に向けた準備を進めている。2021年度に青果、水産両市場の管理・運営を指定管理者に移行し、22年度に花卉(かき)市場を民間委譲する計画。市議会の12月定例会に条例改正案を提出する構えで、30日までパブリックコメント(意見公募)を実施している。

民間委譲を目指す花卉市場

 市内の3卸売市場は現在、市の直営。昨年6月に33年度までの市場経営展望を策定し、市場の在り方や施設整備の方向性をまとめ、民間活力の導入も明記している。大幅な規制緩和を盛り込んだ6月の改正卸売市場法施行を踏まえ、運営の効率化などを展望しており、施設の老朽化対策、機能強化などの設備投資を計画的に進めてきた。

 このうち汐見町の水産市場は1966年、港町の青果市場は71年にそれぞれ建設された古い施設で計画的な維持、整備が必要なため、共に公設を維持する指定管理者に移行。末広町の花卉市場は2011年完成と比較的新しく、花自体の嗜好(しこう)性の高さなどを踏まえ、民間の力を最大限発揮できる委譲を目指すことにした。

 市は民活導入の基本的な考え方について、30日までパブコメを実施している。市民の意見を踏まえて同市場条例の一部改正案をまとめ、早ければ12月定例会に議案を提出。議案が可決されれば事業者を公募し、選定案を再度、議会に提案する。同市場は「市場を取り巻く環境が変化し、流通の在り方も多様化している」と指摘。「市場が競争力を高めていくため、民間活力を導入することで、積極的で効率的な市場運営を進めたい」としている。

 パブコメの意見は書面の持参か郵送、電子メール、ファクスで行う。問い合わせは同市場青果棟管理室 電話0144(34)2373。

関連記事

日高報知新聞

電話は「鳴りっぱなし」【浦河】

 浦河町は6日朝、高齢者(65歳以上)の新型コロナワクチン接種の電話予約を開始した。午前9時からの受け付けで予約窓口の町保健センターの6回線の電話は鳴りっぱなしで、職員は対応に追われた。   町に...

日高報知新聞

課題山積、職員一丸で【新冠】

【新冠】4月20日告示の町長選挙で再選し、5月1日から任期がスタートした鳴海修司町長が6日初登庁し、職員に町政運営への思いを伝えた。任期は2025年4月30日まで。  午前8時半に登庁した鳴海町長は...

苫小牧民報

苫漁協のホッキ漁国際新認証を取得 世界基準で価値高める

苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は20年連続水揚げ日本一のホッキ漁で、水産エコラベルの国際認証「マリン・エコ・ラベル」(MEL)のバージョン2を取得した。同漁協が取得していた旧認証の終了に伴い...

苫小牧民報

地域おこし協力隊員 新たに男性2人 「白老のために」意欲

白老町の地域おこし協力隊員として新たに2人の若い男性が採用され、6日に町役場で委嘱状が交付された。  協力隊員になったのは、熊本市出身の安田裕太郎さん(26)=観光振興担当=と、札幌市出身の山﨑...

十勝毎日新聞

畑に点々 期待の緑 ビートの苗 移植ピーク【上士幌】

 砂糖の原料となるビートの苗の移植作業が、主産地の十勝管内でピークを迎えている。ビニールハウスで育てた苗は機械で次々と植え付けられ、畑の土色と苗の緑色が鮮やかなコントラストをなしている。  上...