北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

厚真高生が復旧作業や工場見学 林業現場体験ツアー 未来の担い手育成へ

胆振総合振興局、胆振地域林業担い手確保推進協議会は20日、厚真高校の1年生32人を対象に「林業現場体験バスツアー」を行った。生徒たちは2018年9月の胆振東部地震で被災した厚真町内民有林の復旧作業現場や、苫小牧市内の製材工場を見学し、業種への理解を深めた。

震災で崩壊した山腹の復旧作業を見学する厚真高の生徒=厚真町高丘

 林業労働者の高齢化や、震災で約4300ヘクタールの山腹崩壊が起きた森林の早期復旧に向けて、管内の高校生に林業への興味、関心を持ってもらうことを目的に企画。苫小牧広域森林組合などが協力している。

 この日は、2年前の地震で山腹崩壊した厚真町高丘の倒木を整理する作業現場や同町幌里の植栽地を訪れ、重機を使って再利用する木を丸太にしてまとめる様子などを見学。午後からは、苫小牧市内のヨシダ製材工場を訪問した。

 塚原寛太さん(16)は被災現場を目の当たりにし、「山が崩れるのは怖いことだと改めて思った」と振り返り、林業について「機械の免許も取らなければいけない。すごい仕事だな」と感心していた。

 同協議会、同振興局では若手の担い手確保につなげるため、今後も継続して現場体験バスツアーなどを計画する。同振興局産業振興部林務課の高田淳主幹は「若い人にも林業に触れ、興味を持ってもらうことで、将来的に担い手として活躍してもらいたい」と話していた。

 23日には鵡川高校の1年生を対象に、むかわ町内での現場体験バスツアーを予定している。

関連記事

根室新聞

地元出身学生応援「旨いをお届け隊」第2弾 発送開始【根室】

 根室市出身学生を応援するため「ねむろ水産物普及推進協議会」(愛称・まるごと根室)が20日まで募集していた「根室出身学生応援!ねむろの旨いをお届け隊!」の第2弾は、最終的に道内外から337件の...

苫小牧民報

植苗地区のIR候補地特定 自然環境対策、道が了承 インフラ整備は苫小牧市..

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す苫小牧市は25日までに、自然環境対策について道から一定の理解を得られたとして、市内植苗地区の約100ヘクタールを候補地に特定し誘致活動を進め...

日高報知新聞

播磨さんが総合優勝【浦河】

北海道釣魚連盟浦河支部北の釣会(三角浩之支部長)の今年最後となる11月例会が8日、会員14人が参加して浦河町浦河港~えりも町庶野展望台下間で行われ、庶野トセップ展望台下に入釣した播磨晃一さん(ラーメ...

日高報知新聞

3連休まずまずの人出【えりも】

【えりも】初冬3連休の襟裳岬は、まずまずの人出でにぎわった。中日の22日はあいにくの小雨模様だったが、正午ごろにはGoToトラベル利用の観光バス2台と乗用車30台ほどが駐車し、観光センターは食事や...

室蘭民報

順調に初出銑、「最適な生産体制構築」 日鉄室蘭第2高炉【室蘭】

 日本製鉄室蘭製鉄所(湊博之所長)で22日に稼働を再開した第2高炉は、23日午前11時に初出銑した。順調に稼働しており、同所は「需要動向に対応した最適な生産体制を構築していく」と話している。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス