北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

サラ1歳競り市オータムセール売却総額、売却率ともに過去最高

【新ひだか】静内神森の北海道市場で開かれていた今年最後のサラブレッド1歳馬の競り市「オータムセール」(日高軽種馬農協主催)が20日、2日間の日程を終了した。セール2日間に466頭(牡187頭、牝279頭)が上場し、365頭(牡154頭、牝211頭)が売却、売却総額は13億8593万4000円(税込)。売却率は78・33%(牡82・35%、牝75・63%)で歴代最高を記録し、1頭当たりの平均価格は379万7079円だった。

 購買登録者数は1004人で、前年より203人多かった。新ひだか町内でのクラスターの発生など、新型コロナウイルスの影響が心配されたが、マスク姿の購買者が大勢訪れ、安定した競馬人気を追い風に例年以上の活況を見せた。

 また、今年は会場にインターネットを通じて競りに参加するシステムの体験コーナーを設け、リアルタイムで競り会場の映像を見ながら入札できるシステムを使い、計4頭が落札された。今後も全国の競り会場で試行を繰り返す予定だという。

 今季の競り市は8~10月まで4回、計10日間開催。5月のトレーニングセールが中止となったが、合計販売総額は127億8233万円となり、過去最高の前年の118億円を大きく上回った。通算売却率は77・27%で過去2番目に高かった。

 オータムセールの最高額取引馬は、日高町・長田ファーム生産の牝馬「コウユーノミチ2019」(父エスポワールシチー)の1210万円。牡馬の最高額は1日目に上場された新ひだか町・増本牧場生産の「オーシャンレディの2019」(父パドトロワ)の1122万円。1000万円以上の高値で取り引きされた馬は6頭だった。

 同農協の木村貢組合長はインタビューで「新型コロナに脅かされた1年だったが、活況に終わり、ほっとしている」と話した。

 全国の競馬場では無観客や入場制限を設けながら開催しているが、依然馬券の売上は好調で、競馬人気の高まりがうかがえる。

売却率が歴代最高の 78・33%を記録したオータムセール=20日=

関連記事

苫小牧民報

携帯用トイレットペーパーを開発 レジャー需要や衛生対策に-東京紙工道工場

 レジスター用ロール紙などを手掛ける東京紙工北海道工場(苫小牧市柳町、本社埼玉県和光市)が、バッグにも入るコンパクトな携帯用トイレットペーパー「ノンノ」を製造・発売した。コロナ禍による屋外レジャ...

苫小牧民報

災害復旧用の特殊機械製品化 むかわ町/北見工大/苫高専/とませい/M Dinoが連..

 むかわ町と北見工業大学の地域と歩む防災研究センター、苫小牧工業高等専門学校地域共同研究センター、苫小牧市の清掃業「とませい」、むかわ地域商社「M Dino(エムディノ)」は26日、災害復旧用特...

日高報知新聞

計画案を再吟味【平取】

【平取】広域観光の振興を目指す第2回「鵡川・沙流川WAKUWAKU協議会」が20日、平取町役場で開かれた。  同会代表の遠藤桂一平取町長の開会あいさつに続き、これまでの事業計画と収支決算状況などが...

日高報知新聞

「対話」からのまちづくり【浦河】

 池田拓町長と浦河高校の生徒による「対話からのまちづくりを考える」が24日、同校で開かれ、3年生の課題研究班(23班)のうち3班が外国人との英語交流や子どもたちの運動能力を活性化する科学的アプローチ、...

名寄新聞

日本選手権で3位入賞・カーリング協会Jrチーム【名寄】

 名寄カーリング協会ジュニアチーム「JJクレッシェンド」が、JOCジュニアオリンピックカーリング第29回日本ジュニアカーリング選手権大会で3位入賞。メンバーたちが26日に市役所名寄庁舎を訪れ、加藤...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス