北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

早来かりんず「ハスカップ最中」商品化 甘さと酸味、爽やかな味わい-安平

東胆振物産まつりでも販売する新製品「ハスカップ最中」

 安平町安平の菓子製造「早来かりんず」(宮本勲代表)が、厚真産ハスカップを使った「ハスカップ最中」を商品化した。23~25日に苫小牧のMEGA(メガ)ドン・キホーテで開かれる東胆振物産まつりに出品。同店は「胆振が生産地のハスカップを多くの人に知ってもらいたい」とアピールする。

 昨年製造した蒸気機関車(SL)「D51―320号機」をモチーフにした「D51(デゴイチ)もなか」の好評を受け、胆振らしさを出した商品を模索していた。さっくりと香ばしい皮にハスカップの果汁を練り合わせたこしあんを詰めた。あんの甘さとハスカップの酸味が混ざり合うことで「しつこさがなく、爽やかな味」(同店)に仕上がったという。皮はハスカップの粒をかたどり、表面に「HOKKAIDO」「Haskap」の文字をあしらった。

 箱詰め(1個30グラム×6個入り)は町内に限り税込み880円で販売。7月下旬から店頭と道の駅あびらD51(デゴイチ)ステーションで、その後は苫小牧市の道の駅ウトナイ湖、新千歳空港で扱っている。東胆振物産まつりでは町内限定価格で提供し、1個売り(税込み130円)も用意する。

 遠藤満知子専務取締役は「これを機にハスカップを知ってもらい、安平町に遊びに来てもらいたい。和菓子を好きになるきっかけにもなれば」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

店の味「炙って食べて」 サイトで全国販売へ 平和園【帯広】

 平和園(帯広市、新田隆教社長)は、加熱調理済みのオリジナルの焼き肉商品「炙り(あぶり)気分」を開発した。独自製法で肉のうま味や軟らかさを引き出し、さっとあぶって食べることで、「店内で食べるのと同...

十勝毎日新聞

「濃い」豆乳飲料できた! 「マメトペ+」【帯広】

 帯広農業高校の生徒が中田食品(帯広)など地元企業と開発していた豆乳飲料「マメトペ+(プラス)」が完成した。関係者を招いたお披露目会が18日に同校で開かれ、「濃くておいしい」と上々の評判。生徒たち...

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 藤丸 予約例年の2倍【帯広】

 フランス産の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、19日午前0時に解禁され、十勝管内でも早速、店頭に並んだ。新型コロナウイルスの感染拡大で外食の需要が低下しているさなかの解禁だが、販売...

十勝毎日新聞

酒蔵「碧雲蔵」ショップオープン【帯広】

 帯広畜産大学構内の酒蔵「碧雲蔵」の商品を購入できるショップと蔵内の製造風景を見られる見学室が18日午前、同蔵内でオープンした。同蔵の銘柄のほか、地元の書道家八重柏冬雷さんが手掛けたラベルの書...

十勝毎日新聞

絶品ハンバーグを自宅で 冷凍商品化 イージーダイナー【帯広】

 帯広市広小路で飲食店「Easy Diner(イージーダイナー)7026」を経営する丸晃物産(立石貴裕社長)は、店内で提供していた自家製ハンバーグを冷凍商品化し、今月から販売を始めた。  同...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス