北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

早来かりんず「ハスカップ最中」商品化 甘さと酸味、爽やかな味わい-安平

東胆振物産まつりでも販売する新製品「ハスカップ最中」

 安平町安平の菓子製造「早来かりんず」(宮本勲代表)が、厚真産ハスカップを使った「ハスカップ最中」を商品化した。23~25日に苫小牧のMEGA(メガ)ドン・キホーテで開かれる東胆振物産まつりに出品。同店は「胆振が生産地のハスカップを多くの人に知ってもらいたい」とアピールする。

 昨年製造した蒸気機関車(SL)「D51―320号機」をモチーフにした「D51(デゴイチ)もなか」の好評を受け、胆振らしさを出した商品を模索していた。さっくりと香ばしい皮にハスカップの果汁を練り合わせたこしあんを詰めた。あんの甘さとハスカップの酸味が混ざり合うことで「しつこさがなく、爽やかな味」(同店)に仕上がったという。皮はハスカップの粒をかたどり、表面に「HOKKAIDO」「Haskap」の文字をあしらった。

 箱詰め(1個30グラム×6個入り)は町内に限り税込み880円で販売。7月下旬から店頭と道の駅あびらD51(デゴイチ)ステーションで、その後は苫小牧市の道の駅ウトナイ湖、新千歳空港で扱っている。東胆振物産まつりでは町内限定価格で提供し、1個売り(税込み130円)も用意する。

 遠藤満知子専務取締役は「これを機にハスカップを知ってもらい、安平町に遊びに来てもらいたい。和菓子を好きになるきっかけにもなれば」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...

十勝毎日新聞

ビーツサイダー フロートに 幸福駅【帯広】

 帯広市内の旧国鉄広尾線幸福駅のカフェ「幸福村」(三浦直美代表)は、地サイダー「帯広ビーツサイダー」を使ったフロートを販売している。  地サイダーを企画する、とかちリージョナルネットワーク(帯...

十勝毎日新聞

余剰豆乳で充填豆腐 中田食品「あったらラッキー!?」【帯広】

 十勝産大豆での豆腐づくりにこだわる中田食品(帯広市、貴戸武利社長)は、製造過程で発生する余剰豆乳を使った新商品の充填(じゅうてん)豆腐「ちょびきぬ」を3日から、音更町のスーパー・ハピオ木野で...

十勝毎日新聞

PB牛で初商品「十勝四季彩牛レトルトカレー」 佐々木畜産【帯広】

 佐々木畜産(帯広市、佐々木章哲社長)は、グループで飼養するブランド牛「十勝四季彩牛」を使ったレトルトカレーを商品化し、本社工場に隣接する直売コーナー(西24南1)を中心に販売している。同牛を使っ...

十勝毎日新聞

地サイダー「新名所に」 駅に自販機 全9種【帯広】

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は26日午前、JR帯広駅改札西側に設置した地サイダー専用の自動販売機1台と新作地サイダーのお披露目会を同駅で開いた。関係者は地サイダーの新たな販路や帯広駅の新...