北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

25日に秋の食遊フェス 苫小牧の4社が共同企画-店同士のコラボ商品も

イベントへの来場を呼び掛ける大槻さん(左)と石見さん

 食欲の秋を楽しもう―。苫小牧市内の飲食店などを集めた食と体験のイベント「秋のとまこまい食遊フェス」が25日、しらかば町3の空揚げ専門店「からあげ専科 鶏から屋しらかば店」の駐車スペースと近接する空き店舗で開かれる。同店をはじめ市内のパン店や青果店など4社の共同企画。同店本部長の大槻俊之さんは「新型コロナウイルスの流行で沈んでいるまちを少しでも元気にしたい」と来場を呼び掛けている。

 企画したのは▽ぱん工房 むぎ麦(澄川町4)▽からあげ専科 鶏から屋(本店住吉町1)▽TSOスタッフ(日新町1)▽MOCO青果(港町2)。

 4社は昨年7月、オリジナルのコッペパンを共同で開発し、むぎ麦主催のイベント「こっぺぱん祭り」で販売した。この活動を継続させよう―と今年も集結。交流のある他の企業などにも参加を呼び掛け、規模を拡大して今回のイベントを企画したという。

 食遊フェスには計10社が参加。北寄魚醤やほっきしょうゆといった調味料、パン、焼き菓子、クレープ、青果、空揚げ、コーヒー、レモネードなど飲食物の販売のほか、粘土細工作り教室、ハンドリンパケアの体験などを行う。

目玉商品の「月見つくねバーガー」

 目玉商品は、むぎ麦と串焼ダイニングいっき(錦町)の共同開発で誕生した新商品「月見つくねバーガー」。鶏から屋もこの日のために開発したガーリック塩ザンギのほか、多国籍フードバルドリームビーチ(明徳町)とコラボした「金のタルタルタコス」を販売する。

 むぎ麦の石見勝政店主は「イベントを機に、さまざまな店同士のコラボレーションが活発化することが狙い。今後も年に2回程度、定期的に開催したい」と意気込む。

 開催時間は午前10時~午後3時。雨天決行だが、荒天時は中止。マスク着用に協力を求めている。

関連記事

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...

十勝毎日新聞

ビーツサイダー フロートに 幸福駅【帯広】

 帯広市内の旧国鉄広尾線幸福駅のカフェ「幸福村」(三浦直美代表)は、地サイダー「帯広ビーツサイダー」を使ったフロートを販売している。  地サイダーを企画する、とかちリージョナルネットワーク(帯...

十勝毎日新聞

余剰豆乳で充填豆腐 中田食品「あったらラッキー!?」【帯広】

 十勝産大豆での豆腐づくりにこだわる中田食品(帯広市、貴戸武利社長)は、製造過程で発生する余剰豆乳を使った新商品の充填(じゅうてん)豆腐「ちょびきぬ」を3日から、音更町のスーパー・ハピオ木野で...

十勝毎日新聞

PB牛で初商品「十勝四季彩牛レトルトカレー」 佐々木畜産【帯広】

 佐々木畜産(帯広市、佐々木章哲社長)は、グループで飼養するブランド牛「十勝四季彩牛」を使ったレトルトカレーを商品化し、本社工場に隣接する直売コーナー(西24南1)を中心に販売している。同牛を使っ...

十勝毎日新聞

地サイダー「新名所に」 駅に自販機 全9種【帯広】

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は26日午前、JR帯広駅改札西側に設置した地サイダー専用の自動販売機1台と新作地サイダーのお披露目会を同駅で開いた。関係者は地サイダーの新たな販路や帯広駅の新...