北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

産学官金が連携 海鮮パスタソース開発【根室】

開発された3種の海鮮パスタソース

 根室で食品卸売業を営む根室商業協同組合(加藤順二理事長)と㈲伊藤畜産(伊藤泰通社長)はこのほど、産学官金連携による根室産水産物等を活用した新たな商品開発に取り組み、根室商工会議所、地元の水産加工業者、金融機関等と連携し、3種の海鮮パスタソースを開発した。

 今回開発されたパスタソースは「花咲ガニのアメリケーヌソース」、「エゾバフンウニのクリームソース」、「鮭とホタテ貝のクリームソース」の3種。

 本来オマールエビなどを活用して作るアメリケーヌソースを、花咲ガニの殻と身を焼いて作り、全てのパスタソースのベースとして活用。根室産の水産物のほか、根室産の牛乳、北海道産の農・畜産物をふんだんに使用し、科学調味料や食品添加物を使用せずに食材本来の持ち味を生かしたものとなっている。

 根室市は平成22年6月に東海大学海洋学部と相互協力協定を締結。市水産加工振興センターで東海大学海洋学部水産学科の後藤慶一教授の指導を受けながら、地域の水産資源を活用した新商品の開発研究に取り組んでおり、平成29年には5種のレトルト海鮮パスタソースを開発した。

 根室商業協同組合は、この海鮮パスタソースに着目。組合の顧問を務める商工会議所の山本連治郎会頭から開発へ挑戦するよう後押しもあり、水産加工振興センターに相談し、海鮮パスタソースの商品化に向けて開発をスタートした。

 開発に当たり、低価格で大量生産している既存のレトルト製品との差別化を図るため、冷凍タイプの製品を開発することに決めた。根室商工会議所のほか、原料の調達に地元の水産加工業者、パッケージデザイン開発に大地みらい信用金庫の補助を受けるなど産学官金で連携しながら製品の改良に取り組んだ。

 委託・製造業者が中々見つからない問題にも直面したが、令和元年度に市内で酪農業のほか、地域の食材を生かした食品加工業等も手掛けている伊藤畜産に依頼し、協力を得た。

 また、北海道6次産業化サポートセンターの事業を活用し、同センターの伊槻康成6次産業化企画推進員、同センターの登録専門家でフードディレクターを務める貫田桂一シェフの協力を得て、さらなるソースの改良などを行った。

 22日には明郷伊藤☆牧場レストランATTOKOで関係者らが参加して試食会が行われた。加藤理事長は「私たち物流業界も非常に厳しい状況にある中、何か『地域のもの』と考えていた時、山本会頭からの言葉もあり海鮮パスタソースに挑戦することになった」と経緯を述べた。

 貫田シェフは「今回は料理や食材を売るというよりは、根室を売るという観点でお手伝いさせていただいた」と述べたほか、伊藤社長は「きょうのレシピ以上のものはできないと思う。まずはふるさと納税の返礼品として出したい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

電話は「鳴りっぱなし」【浦河】

 浦河町は6日朝、高齢者(65歳以上)の新型コロナワクチン接種の電話予約を開始した。午前9時からの受け付けで予約窓口の町保健センターの6回線の電話は鳴りっぱなしで、職員は対応に追われた。   町に...

日高報知新聞

課題山積、職員一丸で【新冠】

【新冠】4月20日告示の町長選挙で再選し、5月1日から任期がスタートした鳴海修司町長が6日初登庁し、職員に町政運営への思いを伝えた。任期は2025年4月30日まで。  午前8時半に登庁した鳴海町長は...

苫小牧民報

苫漁協のホッキ漁国際新認証を取得 世界基準で価値高める

苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は20年連続水揚げ日本一のホッキ漁で、水産エコラベルの国際認証「マリン・エコ・ラベル」(MEL)のバージョン2を取得した。同漁協が取得していた旧認証の終了に伴い...

苫小牧民報

地域おこし協力隊員 新たに男性2人 「白老のために」意欲

白老町の地域おこし協力隊員として新たに2人の若い男性が採用され、6日に町役場で委嘱状が交付された。  協力隊員になったのは、熊本市出身の安田裕太郎さん(26)=観光振興担当=と、札幌市出身の山﨑...

十勝毎日新聞

畑に点々 期待の緑 ビートの苗 移植ピーク【上士幌】

 砂糖の原料となるビートの苗の移植作業が、主産地の十勝管内でピークを迎えている。ビニールハウスで育てた苗は機械で次々と植え付けられ、畑の土色と苗の緑色が鮮やかなコントラストをなしている。  上...