北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用【本別】

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提供される。

試作したオリジナルスイーツを配る生徒

 同校の授業「とかち創生学」の一環。9月に1年生28人が提案したレシピ全167点から7点を選出。生徒がそれぞれグループをつくり、試作を任された町内の菓子店松月堂、町農産物ものづくり館ゲンキッチン、町学校給食調理場の協力を得て製品化に向けた改良を加えていた。

 プレゼンテーションには、保護者をはじめコミュニティ・スクールの学校運営協議会メンバー、町内小・中学校の校長ら約15人も参加した。生徒は、それぞれのスイーツの特徴やレシピのポイントなどを説明した。

 ネーミングにもこだわり、あめの見た目から「きなこの惑星」、豆を使ったダックワーズということで「Soyワーズ」などユニークな提案が続出した。

 7点のうち、町産の甘納豆などを使ったパンナコッタ「元気くんぱんなこった」は、学校給食で提供されることが決まった。

 最後に、参加した保護者らには松月堂が試作した「きな粉タルト」と「Soyワーズ」が配られた。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の娘・レディ 58年の輝き知って 衣装など展示【帯広】

 十勝・帯広の観光をPRする「すずらん娘」や「とかち青空レディ」の歴史を紹介する「娘・レディ展」が、帯広百年記念館(帯広市緑ケ丘2)ロビーで開かれている。元青空レディの力丸亜希子さん(44)=帯広...

十勝毎日新聞

藤丸、新たなテナントは「日産」 百貨店にディーラー常設店【帯広】

 帯広日産自動車(帯広市、村松一樹社長)のショールームが24日、藤丸にオープンした。ディーラーによる百貨店内での常設店は全国的に珍しい。帯広日産、藤丸の両社は「まちなかのにぎわい創出につなげた...

十勝毎日新聞

満寿屋が高級食パン 麦音で26日発売【帯広】

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は、高級食パン「みのりの恵み」を新たに商品化し、26日から市内の麦音店(稲田町南8線西16)で数量限定販売をスタートさせる。新銘柄の小麦「みのりのちから」を10...

函館新聞

不二屋本店が土産新商品「松前三宝漬」販売中【函館】

 土産物企画・卸売の不二屋本店(函館市西桔梗町、名取明彦社長)は、新たな土産品として「松前三宝漬」(160グラム入り、税込み1080円)を市内の土産物店などで販売している。道南の郷土料理・松前漬...

苫小牧民報

復興に欠かせぬ特産品 厚真産ハスカップ

作付け面積日本一を誇る厚真町の特産品ハスカップ。2018年9月の胆振東部地震で、町内の畑4分の1ほどが被災した。しかし、産業や観光などまちづくりに欠かせない貴重な地域資源とあって、官民挙げて復旧・...