北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

南極の経験 ジオパークに 初の専門員に金森さん【鹿追】

 元南極観測隊員で雪氷学などが専門の金森晶作さん(41)が1日、「とかち鹿追ジオパーク」初の専門員に就任した。氷をこよなく愛してきた経歴や学術的視点を生かし、鹿追ジオパークの発信や価値向上を担う。

初の専門員として活動する金森さん

 金森さんは札幌市生まれ、北大農学部卒。大学では山スキー部に所属し、4年時には休学してアラスカへ。そこでの旅を通じ、「時間的・空間的スケールの違う」氷河の世界に魅了された。同大大学院環境科学院に進み、雪氷学・地球システム科学を学んだ。

 大学院修了後は公立はこだて未来大の特別研究員として、2009年に始まった「はこだて国際科学祭」のプロデュースに従事。一方で、「どこかに行きたい」という性分を抑えきれず、南極観測隊に応募。18年11月から20年3月までの越冬隊員として、大気や雪氷の観測を担当した。

 大学院の先輩で、町然別の永久凍土から「日本最古の氷」を発見した澤田結基さん(広島・福山市立大准教授)の紹介で鹿追へ。町の地域おこし協力隊員として、ジオパークビジターセンター(町瓜幕)に勤務。「天から与えられた庭のような美しい環境で仕事ができてうれしい」と語る。

 出前授業やセンターの展示のリニューアルなどを担当する。専門を生かし、然別湖の結氷などについても研究したい考え。「道内や世界の他地域と比較することで、鹿追ジオパークの強みを位置付けられれば」。もっとも、自身は研究肌ではないと言い、「町の人の仲間に入れてもらい、皆で面白いと思えることを深めていきたい」と話す。

 狩猟免許を生かして働く妻と、小学6年の長女をオホーツク管内の知床に残して単身赴任。

関連記事

根室新聞

地元出身学生応援「旨いをお届け隊」第2弾 発送開始【根室】

 根室市出身学生を応援するため「ねむろ水産物普及推進協議会」(愛称・まるごと根室)が20日まで募集していた「根室出身学生応援!ねむろの旨いをお届け隊!」の第2弾は、最終的に道内外から337件の...

苫小牧民報

植苗地区のIR候補地特定 自然環境対策、道が了承 インフラ整備は苫小牧市..

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す苫小牧市は25日までに、自然環境対策について道から一定の理解を得られたとして、市内植苗地区の約100ヘクタールを候補地に特定し誘致活動を進め...

日高報知新聞

播磨さんが総合優勝【浦河】

北海道釣魚連盟浦河支部北の釣会(三角浩之支部長)の今年最後となる11月例会が8日、会員14人が参加して浦河町浦河港~えりも町庶野展望台下間で行われ、庶野トセップ展望台下に入釣した播磨晃一さん(ラーメ...

日高報知新聞

3連休まずまずの人出【えりも】

【えりも】初冬3連休の襟裳岬は、まずまずの人出でにぎわった。中日の22日はあいにくの小雨模様だったが、正午ごろにはGoToトラベル利用の観光バス2台と乗用車30台ほどが駐車し、観光センターは食事や...

室蘭民報

順調に初出銑、「最適な生産体制構築」 日鉄室蘭第2高炉【室蘭】

 日本製鉄室蘭製鉄所(湊博之所長)で22日に稼働を再開した第2高炉は、23日午前11時に初出銑した。順調に稼働しており、同所は「需要動向に対応した最適な生産体制を構築していく」と話している。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス