北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

野鳥のために海岸のゴミ清掃【釧路】

 

海岸で清掃活動をする横山さん

希少な野鳥が飛来する釧路の海岸にたくさんのごみがあることに心を痛め、一人で清掃活動を始めた釧路市の会社員横山篤史さん(46)が今月、ボランティア団体「くしろ うみぴりか」を立ち上げた。インターネット交流サイト「インスタグラム」で横山さんの活動を知った人たちが参加するなど輪が広がっている。

 横山さんは野鳥観察が趣味で、主に釧路市の星が浦海岸にやって来る野鳥の記録をとっているが、チドリやシギ、カンムリカイツブリ、エトピリカなど環境省のレッドリストに登録されている鳥も見られるという。しかし、それと同時に釣り糸や漁網、ごみが絡まって死んで打ち上げられた海鳥の姿もたくさん目にしてきた。「生き物が自然に死ぬのではなく、人のごみが原因で命を失わせてはならない」と考えた横山さんは、一人で海岸の清掃活動を開始。ごみの状況や清掃できれいになった海岸の様子をインスタグラムに投稿した。

 すると以前から横山さんのインスタグラムを見ていた人たちから「手伝わせてほしい」という声が上がるようになり、活動に参加する人が少しずつ増えてきた。そこで、横山さんは活動を円滑に行うため、ボランティア団体を設立。ごみを回収してもらえるよう釧路市の環境事業課にかけあったり、土地所有者や近隣住民の承諾を得るなど一人で駆け回り、活動を続けている。

 これまでに清掃を行ったのは星が浦のほか、大楽毛、知人の海岸。25日に行われた知人での清掃活動には10人が参加し、約40袋分のごみを回収した。空き缶やペットボトル、漂着ごみなどのほか、不法投棄と見られる車のシートもあった。

 この日参加した釧路町の主婦(53)は「写真を撮るときにごみも写ってしまうのが嫌だった」と活動に加わった理由を話した。ほかにも子供が遊べる海岸にしたい、「ジュエリーアイス」と呼ばれる宝石のような氷塊が打ち上げられる大楽毛の海岸を知ってほしいなど、参加者の思いはさまざま。横山さんは「小さな活動だが、少しでも次の世代に環境を残せたら。無理せず、気楽に、ゆるく活動していきたい」と話している。  年内の活動はほぼ終わりで、来年は暖かくなってから活動を再開する。

関連記事

根室新聞

地元出身学生応援「旨いをお届け隊」第2弾 発送開始【根室】

 根室市出身学生を応援するため「ねむろ水産物普及推進協議会」(愛称・まるごと根室)が20日まで募集していた「根室出身学生応援!ねむろの旨いをお届け隊!」の第2弾は、最終的に道内外から337件の...

苫小牧民報

植苗地区のIR候補地特定 自然環境対策、道が了承 インフラ整備は苫小牧市..

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す苫小牧市は25日までに、自然環境対策について道から一定の理解を得られたとして、市内植苗地区の約100ヘクタールを候補地に特定し誘致活動を進め...

日高報知新聞

播磨さんが総合優勝【浦河】

北海道釣魚連盟浦河支部北の釣会(三角浩之支部長)の今年最後となる11月例会が8日、会員14人が参加して浦河町浦河港~えりも町庶野展望台下間で行われ、庶野トセップ展望台下に入釣した播磨晃一さん(ラーメ...

日高報知新聞

3連休まずまずの人出【えりも】

【えりも】初冬3連休の襟裳岬は、まずまずの人出でにぎわった。中日の22日はあいにくの小雨模様だったが、正午ごろにはGoToトラベル利用の観光バス2台と乗用車30台ほどが駐車し、観光センターは食事や...

室蘭民報

順調に初出銑、「最適な生産体制構築」 日鉄室蘭第2高炉【室蘭】

 日本製鉄室蘭製鉄所(湊博之所長)で22日に稼働を再開した第2高炉は、23日午前11時に初出銑した。順調に稼働しており、同所は「需要動向に対応した最適な生産体制を構築していく」と話している。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス