北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

引っ越しピークに 災害公営住宅が完成-厚真

引っ越し作業を手伝う家族ら

 災害公営住宅の入居対象は、地震により自宅が全壊した世帯。町では3地区で計32戸の災害公営住宅を整備した。

 このうち公開した新町地区は2LDK(床面積75平方メートル前後)と3LDK(延べ床面積約100平方メートル)を合わせて20戸整備し、ペットを飼う家庭を含む17世帯が入居を予定する。家賃は2LDKで月額2万5000~3万9000円、3LDKで3万3000~4万9700円ほどとなっている。

 宇隆地区の自宅が全壊し、表町の仮設住宅で暮らしていた加賀谷俊昭さん(80)は、家族総出で25日に引っ越しの作業を行い、順調にいけば27日に新たな住まいで生活を始める。「こんな立派なものを建ててくれて感謝している。今までは狭い所で落ち着かなかったが、ここでは広いのでゆっくり過ごせたら」と笑顔を見せた。

新町地区に完成した災害公営住宅

 このほか本郷地区は8戸を用意し、8戸全ての入居者が決定した。上厚真地区は9月末に完成し、1世帯が入居している。町建設課は「工期通りに完成して安心した。新居での生活を楽しんでもらい、新しい方々とも仲良くやっていただけたら」と話していた。これに伴い表町にある応急仮設住宅36戸の撤去作業は11月3日から始まる。

 他の被災自治体では、安平町がすでに随時に引っ越しが行われているほか、むかわ町では一部災害公営住宅を含む公営住宅が今月末に完成する予定だ。

関連記事

日高報知新聞

電話は「鳴りっぱなし」【浦河】

 浦河町は6日朝、高齢者(65歳以上)の新型コロナワクチン接種の電話予約を開始した。午前9時からの受け付けで予約窓口の町保健センターの6回線の電話は鳴りっぱなしで、職員は対応に追われた。   町に...

日高報知新聞

課題山積、職員一丸で【新冠】

【新冠】4月20日告示の町長選挙で再選し、5月1日から任期がスタートした鳴海修司町長が6日初登庁し、職員に町政運営への思いを伝えた。任期は2025年4月30日まで。  午前8時半に登庁した鳴海町長は...

苫小牧民報

苫漁協のホッキ漁国際新認証を取得 世界基準で価値高める

苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は20年連続水揚げ日本一のホッキ漁で、水産エコラベルの国際認証「マリン・エコ・ラベル」(MEL)のバージョン2を取得した。同漁協が取得していた旧認証の終了に伴い...

苫小牧民報

地域おこし協力隊員 新たに男性2人 「白老のために」意欲

白老町の地域おこし協力隊員として新たに2人の若い男性が採用され、6日に町役場で委嘱状が交付された。  協力隊員になったのは、熊本市出身の安田裕太郎さん(26)=観光振興担当=と、札幌市出身の山﨑...

十勝毎日新聞

畑に点々 期待の緑 ビートの苗 移植ピーク【上士幌】

 砂糖の原料となるビートの苗の移植作業が、主産地の十勝管内でピークを迎えている。ビニールハウスで育てた苗は機械で次々と植え付けられ、畑の土色と苗の緑色が鮮やかなコントラストをなしている。  上...