北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

引っ越しピークに 災害公営住宅が完成-厚真

引っ越し作業を手伝う家族ら

 災害公営住宅の入居対象は、地震により自宅が全壊した世帯。町では3地区で計32戸の災害公営住宅を整備した。

 このうち公開した新町地区は2LDK(床面積75平方メートル前後)と3LDK(延べ床面積約100平方メートル)を合わせて20戸整備し、ペットを飼う家庭を含む17世帯が入居を予定する。家賃は2LDKで月額2万5000~3万9000円、3LDKで3万3000~4万9700円ほどとなっている。

 宇隆地区の自宅が全壊し、表町の仮設住宅で暮らしていた加賀谷俊昭さん(80)は、家族総出で25日に引っ越しの作業を行い、順調にいけば27日に新たな住まいで生活を始める。「こんな立派なものを建ててくれて感謝している。今までは狭い所で落ち着かなかったが、ここでは広いのでゆっくり過ごせたら」と笑顔を見せた。

新町地区に完成した災害公営住宅

 このほか本郷地区は8戸を用意し、8戸全ての入居者が決定した。上厚真地区は9月末に完成し、1世帯が入居している。町建設課は「工期通りに完成して安心した。新居での生活を楽しんでもらい、新しい方々とも仲良くやっていただけたら」と話していた。これに伴い表町にある応急仮設住宅36戸の撤去作業は11月3日から始まる。

 他の被災自治体では、安平町がすでに随時に引っ越しが行われているほか、むかわ町では一部災害公営住宅を含む公営住宅が今月末に完成する予定だ。

関連記事

根室新聞

地元出身学生応援「旨いをお届け隊」第2弾 発送開始【根室】

 根室市出身学生を応援するため「ねむろ水産物普及推進協議会」(愛称・まるごと根室)が20日まで募集していた「根室出身学生応援!ねむろの旨いをお届け隊!」の第2弾は、最終的に道内外から337件の...

苫小牧民報

植苗地区のIR候補地特定 自然環境対策、道が了承 インフラ整備は苫小牧市..

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す苫小牧市は25日までに、自然環境対策について道から一定の理解を得られたとして、市内植苗地区の約100ヘクタールを候補地に特定し誘致活動を進め...

日高報知新聞

播磨さんが総合優勝【浦河】

北海道釣魚連盟浦河支部北の釣会(三角浩之支部長)の今年最後となる11月例会が8日、会員14人が参加して浦河町浦河港~えりも町庶野展望台下間で行われ、庶野トセップ展望台下に入釣した播磨晃一さん(ラーメ...

日高報知新聞

3連休まずまずの人出【えりも】

【えりも】初冬3連休の襟裳岬は、まずまずの人出でにぎわった。中日の22日はあいにくの小雨模様だったが、正午ごろにはGoToトラベル利用の観光バス2台と乗用車30台ほどが駐車し、観光センターは食事や...

室蘭民報

順調に初出銑、「最適な生産体制構築」 日鉄室蘭第2高炉【室蘭】

 日本製鉄室蘭製鉄所(湊博之所長)で22日に稼働を再開した第2高炉は、23日午前11時に初出銑した。順調に稼働しており、同所は「需要動向に対応した最適な生産体制を構築していく」と話している。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス