北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

全国献血ルーム 159カ所完全制覇 寺田さん、故郷で達成【帯広】

 帯広市出身の会社員寺田悠紀さん(34)=千葉県習志野市=は9年前から日本各地の献血ルームを回って献血を続け、25日、故郷の帯広で“全国完全制覇”を達成した。この間、訪れた献血ルームは、廃止された施設を含めて159カ所。「いろいろな県の人たちの助けに少しでもなれたならうれしい」と、すがすがしい笑顔を見せた。

帯広すずらん献血ルームで採血する寺田さん。9年かけた全国の献血ルーム巡りを故郷で完全達成した

 25日午前9時前、帯広市東7南9の帯広すずらん献血ルーム。日曜限定の営業日に合わせて来帯した寺田さんは、慣れた様子で受け付けと問診を済ませ、400ミリリットル献血を終えた。

 寺田さんは帯広で生まれた後、すぐに父親の仕事で道内外を転々としたが、現在も祖母が音更町に住んでいる。献血は大学時代、空き時間にしたのが最初で、その後は年1、2回程度だった。「城カード」や「ダムカード」など各地を巡りながら収集・達成する過程が好きだったことから、全都道府県の献血ルーム訪問を思い付いた。

 2011年から本格的に始め、13年の宮崎市で47都道府県を達成。次は全献血ルームを目標に掲げた。献血の間隔が短い「成分献血」を優先し、年24カ所を回ったことも。血液の状態を良くするため、献血前は脂ものは控えた生活を送る。400ミリリットルのみ行う帯広はもともと後半に考えていたが、「残り少なくなる中でゴールに意味を持たせたい」と最終地に決めた。

 全国の献血ルーム数は4月現在で138カ所。常設施設の再編が進み、道内でも函館、室蘭が廃止され、旭川は1カ所に減った。帯広も過去に存廃論議があり、「達成する前に無くならないかドキドキした」と寺田さん。道赤十字血液センター帯広出張所の鈴木清晃所長は、今年は新型コロナウイルスの影響で献血バスの訪問が断られるケースもあるといい、「時間や費用をかけての献血。血液が逼迫(ひっぱく)しているのでありがたい」と感謝した。

 実は注射は嫌いという寺田さん。針が刺さる瞬間も採血中も顔を背けたくなるが、「少し我慢すれば、誰かが助かるから」。各地の献血ルームで若者の姿を見ることが少なく、「週に1日でも夜間に献血できる所があればいい」と裾野拡大へ持論を語った。

 献血後は達成感を漂わせながら、「どこかに新しいルームができたら、また行きたい。これで終わりではなく、献血は自宅近くで無理せずに続けたい」と話した。

関連記事

日高報知新聞

電話は「鳴りっぱなし」【浦河】

 浦河町は6日朝、高齢者(65歳以上)の新型コロナワクチン接種の電話予約を開始した。午前9時からの受け付けで予約窓口の町保健センターの6回線の電話は鳴りっぱなしで、職員は対応に追われた。   町に...

日高報知新聞

課題山積、職員一丸で【新冠】

【新冠】4月20日告示の町長選挙で再選し、5月1日から任期がスタートした鳴海修司町長が6日初登庁し、職員に町政運営への思いを伝えた。任期は2025年4月30日まで。  午前8時半に登庁した鳴海町長は...

苫小牧民報

苫漁協のホッキ漁国際新認証を取得 世界基準で価値高める

苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は20年連続水揚げ日本一のホッキ漁で、水産エコラベルの国際認証「マリン・エコ・ラベル」(MEL)のバージョン2を取得した。同漁協が取得していた旧認証の終了に伴い...

苫小牧民報

地域おこし協力隊員 新たに男性2人 「白老のために」意欲

白老町の地域おこし協力隊員として新たに2人の若い男性が採用され、6日に町役場で委嘱状が交付された。  協力隊員になったのは、熊本市出身の安田裕太郎さん(26)=観光振興担当=と、札幌市出身の山﨑...

十勝毎日新聞

畑に点々 期待の緑 ビートの苗 移植ピーク【上士幌】

 砂糖の原料となるビートの苗の移植作業が、主産地の十勝管内でピークを迎えている。ビニールハウスで育てた苗は機械で次々と植え付けられ、畑の土色と苗の緑色が鮮やかなコントラストをなしている。  上...