北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

黄金色 イチョウのライトアップ開始【音更】

ライトアップされたイチョウ並木。通行人が足を止め、写真撮影を楽しむ姿も

 音更町のむつみアメニティパーク(木野西通13)沿いの木野北通で25日、イチョウ(銀杏)並木のライトアップが始まった。黄金色に色づいたイチョウの葉が照らされ、通りを歩く人の目を引いている。

 十勝毎日新聞社が企画。同パーク北西角の歩道にあるサルビアの花壇に発光ダイオード(LED)の投光器を設置し、数本のイチョウを照らしている。

 光はオレンジやグリーンなど色とりどりに切り替わり、ブルーはコロナ禍における医療従事者への感謝の気持ちを表している。近くに立てられている案内看板では、ドイツの詩人ゲーテが読んだ「銀杏の葉」を紹介している。

 道行く人は木々の前で足を止め、鮮やかに浮かび上がる光景を写真に収めている。犬の散歩で通った帯広市の牧野幸子さんは「よく通る散歩コースが、とてもきれいになった」と楽しんでいた。

 ライトアップは31日まで。午後5時~同9時。

関連記事

十勝毎日新聞

コロナも退散 力作そり疾走 忠類ナウマン全道大会【幕別】

 段ボール製のそりで速さとデザインのユニークさを競う「忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が21日、幕別町忠類白銀台スキー場で開かれた。晴天にも恵まれ、管内外から参戦した17台が趣向を凝ら...

十勝毎日新聞

3000個の幻想「氷灯夜」【芽室】

 芽室町の冬の風物詩「氷灯夜2021」(同町観光物産協会主催)が6日夜、町内の芽室公園で開かれた。3000個を超すアイスキャンドルの火が会場を照らし、訪れた家族連れらは幻想的な空間を楽しんだ。 ...

十勝毎日新聞

“藤の花”揺れた氷まつり 最終日にぎわう【帯広】

 「第58回おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)は31日、最終日を迎えた。天候にも恵まれ、メイン会場の「夢の北広場」(JR帯広駅北側)には、午前中から多くの家族連れが訪れ、氷雪像前...

十勝毎日新聞

滝川市の山本さん氷彫刻最高賞 氷まつり【帯広】

 第58回おびひろ氷まつりの「第37回北海道氷彫刻展冬季帯広大会」(帯広のまつり推進委主催)で、最高位の北海道知事賞に、「ログホテル メープルロッジ」(岩見沢市)の料理長山本剛史さん(37)=...

名寄新聞

月明かりに照らされ・ムーンウオーク開幕【下川】

 満月に照らされた積雪の夜の森林を歩く、NPO法人森の生活(麻生翼代表)主催「ムーンウオーク」が、今年も28日から始まり、五味温泉隣接のエコハウス「美桑」前集合、体験の森で開かれている。  各...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス