北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

5年生が弁当考案、地元食材で町アピール 児童が収穫した米、ジャガイモ使用-上厚真小

役場庁舎前で弁当を手売りする上厚真小の児童

厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)の5年生は29日、町役場庁舎前で自分たちが収穫した米や野菜を使ったオリジナルの「上小弁当」を販売した。開店前から町民や役場職員らがずらりと並び、用意した40個全てを15分ほどで売り切る盛況ぶりだった。

 小中一貫で行うふるさと教育の一環。2年前に発生した胆振東部地震からの復興について考え、地元の食材を通して町をアピールしようとプロデュースした。田んぼのオーナー事業の稲刈り体験で収穫した米と、学校で育てたジャガイモを使った。町内の飲食店、ドライブイン本郷が協力し、調理を担当した。

児童がプロデュースした「上小弁当」

 弁当は、五目ご飯とポテトサラダに鶏肉や揚げ物、ブロッコリーなどおかずも多彩に詰め込み、1個500円で販売した。児童13人は、会計作業や弁当の袋詰めなど慣れない作業に苦戦しながら、子どもらしく「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」と元気いっぱいの声を響かせた。清野百花さん(11)は「自分たちで水やりなどして育てた食べ物なのでうれしい。おいしく食べてもらいたい」と話していた。

 売り上げの2万円は、震災の復興に役立ててもらおうと、同日町に寄付した。

関連記事

根室新聞

地元出身学生応援「旨いをお届け隊」第2弾 発送開始【根室】

 根室市出身学生を応援するため「ねむろ水産物普及推進協議会」(愛称・まるごと根室)が20日まで募集していた「根室出身学生応援!ねむろの旨いをお届け隊!」の第2弾は、最終的に道内外から337件の...

苫小牧民報

植苗地区のIR候補地特定 自然環境対策、道が了承 インフラ整備は苫小牧市..

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す苫小牧市は25日までに、自然環境対策について道から一定の理解を得られたとして、市内植苗地区の約100ヘクタールを候補地に特定し誘致活動を進め...

日高報知新聞

播磨さんが総合優勝【浦河】

北海道釣魚連盟浦河支部北の釣会(三角浩之支部長)の今年最後となる11月例会が8日、会員14人が参加して浦河町浦河港~えりも町庶野展望台下間で行われ、庶野トセップ展望台下に入釣した播磨晃一さん(ラーメ...

日高報知新聞

3連休まずまずの人出【えりも】

【えりも】初冬3連休の襟裳岬は、まずまずの人出でにぎわった。中日の22日はあいにくの小雨模様だったが、正午ごろにはGoToトラベル利用の観光バス2台と乗用車30台ほどが駐車し、観光センターは食事や...

室蘭民報

順調に初出銑、「最適な生産体制構築」 日鉄室蘭第2高炉【室蘭】

 日本製鉄室蘭製鉄所(湊博之所長)で22日に稼働を再開した第2高炉は、23日午前11時に初出銑した。順調に稼働しており、同所は「需要動向に対応した最適な生産体制を構築していく」と話している。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス