北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「砂エビ」味で勝負 「未利用品に価値を」【帯広】

 帯広地方卸売市場(高橋正行社長)は大樹漁協の協力を受け、シシャモ漁で混獲される「砂エビ」の取り扱いを新たに始めた。濃厚な風味が特徴の砂エビは、見た目などから同市場で流通していなかった。11月中旬までの限定品で、スーパーなど取引先からの反応は上々だ。

「砂エビ」と空揚げなどの食べ方をPRする(右から)佐藤部長、石井主幹

 砂エビの正式名は「アムールエビジャコ」。体長は3~5センチと小さく、色は黒っぽい。加熱しても赤くならないが、うま味が強く、素揚げやみそ汁などにするとおいしい。シシャモ漁で一緒に網にかかる。漁業者が持ち帰る程度で、一般に販売されていない。

 同市場では地場産の取り扱い拡大に力を入れており、管内漁協などと懇談する中、大樹漁協の協力を取り付けた。同漁協の佐藤亨事業部長は「近年シシャモは不漁続き。今年も平年の7割程度の水揚げ。未利用品に価値を見いだしてくれることは漁業者の収入確保につながる」と感謝する。

 27日から取り扱いを開始し、2日間で入荷した約200キロ分が完売した。同市場の石井孝知水産部主幹は「スーパーや業務卸など幅広く購入してくれた」とする。福原は「ぴあざフクハラ西帯広店」など6店で、1パック300円前後(約300グラム入り)で販売。担当者は「通常のエビより安値。地場の旬の品なので入荷した際にはまた仕入れたい」と語る。

 砂エビの取り扱いはシシャモ漁の終了まで。石井主幹は「食べられなかったのがもったいないほどのうま味。サケやサンマなど主力品が不漁で苦戦する中、今後も地場のいいものを発掘したい」と話していた。

 アムールエビジャコは広尾漁協青年部も「広尾えびじゃこ」の愛称で消費拡大に取り組んでいる。

関連記事

日高報知新聞

電話は「鳴りっぱなし」【浦河】

 浦河町は6日朝、高齢者(65歳以上)の新型コロナワクチン接種の電話予約を開始した。午前9時からの受け付けで予約窓口の町保健センターの6回線の電話は鳴りっぱなしで、職員は対応に追われた。   町に...

日高報知新聞

課題山積、職員一丸で【新冠】

【新冠】4月20日告示の町長選挙で再選し、5月1日から任期がスタートした鳴海修司町長が6日初登庁し、職員に町政運営への思いを伝えた。任期は2025年4月30日まで。  午前8時半に登庁した鳴海町長は...

苫小牧民報

苫漁協のホッキ漁国際新認証を取得 世界基準で価値高める

苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は20年連続水揚げ日本一のホッキ漁で、水産エコラベルの国際認証「マリン・エコ・ラベル」(MEL)のバージョン2を取得した。同漁協が取得していた旧認証の終了に伴い...

苫小牧民報

地域おこし協力隊員 新たに男性2人 「白老のために」意欲

白老町の地域おこし協力隊員として新たに2人の若い男性が採用され、6日に町役場で委嘱状が交付された。  協力隊員になったのは、熊本市出身の安田裕太郎さん(26)=観光振興担当=と、札幌市出身の山﨑...

十勝毎日新聞

畑に点々 期待の緑 ビートの苗 移植ピーク【上士幌】

 砂糖の原料となるビートの苗の移植作業が、主産地の十勝管内でピークを迎えている。ビニールハウスで育てた苗は機械で次々と植え付けられ、畑の土色と苗の緑色が鮮やかなコントラストをなしている。  上...