北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

動画で駅前ともそう コロナ禍・イルミネーション事業【帯広】

 冬の帯広中心部を電球の明かりで彩る「おびひろイルミネーションプロジェクト」が、28日~来年2月23日の予定で展開される。20回目の今年は初の試みとして、「コロナ禍を明るく乗り切ろう」をテーマにメッセージ動画を作成し、期間中、JR帯広駅前で上映する。スピードスケート金メダリストの高木菜那・美帆姉妹など、十勝ゆかりの著名人などの出演がすでに決定、加えて実行委員会(見子雄一委員長)では、一般からの動画を15日まで募集している。

メッセージの見本を持ち、投稿を呼び掛ける板倉部長

 実行委は市や帯広商工会議所、藤丸などで構成。例年はサンタに扮(ふん)した子どもたちが、池田高校吹奏楽部の演奏に合わせて、帯広駅前から藤丸前までパレードを行っているが、今年は9月末の実行委で新型コロナの影響から、パレードの中止や点灯式も形を変えての開催などを確認している。

 メッセージ動画は「灯りで明るく Bright with Light」の名称で、帯広駅前に設置する150インチのスクリーンに、リレーメッセージの形で流す。時間は約10分間。

 出演予定の著名人は高木姉妹のほか、歌手のさくらまやさんやTBSの安住紳一郎アナウンサー、プロ野球の杉浦稔大投手と古谷優人投手、スピードスケート金メダリスト清水宏保氏、十勝を舞台にしたNHK連続テレビ小説に出演した女優の伊原六花さんや大原櫻子さんなど。

 一般から募集しているメッセージについては、撮影時間は5~10秒、伝えたいメッセージを紙などに書いて持ち、スマートフォンなどで横向きに撮影する。画面に収まれば何人の出演でも可。スマートフォン向けアプリ「LINE WORKS」から投稿する。

 実行委の一つ、十勝電気工事業協同組合青年部の板倉利幸部長は「コロナで先行きが見えず、まちなかもさみしいが、動画を通じて少しでも元気になってくれれば」と話している。

 詳細は同部のホームページから。問い合わせは板倉部長(080・1866・7525)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

コロナも退散 力作そり疾走 忠類ナウマン全道大会【幕別】

 段ボール製のそりで速さとデザインのユニークさを競う「忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が21日、幕別町忠類白銀台スキー場で開かれた。晴天にも恵まれ、管内外から参戦した17台が趣向を凝ら...

十勝毎日新聞

3000個の幻想「氷灯夜」【芽室】

 芽室町の冬の風物詩「氷灯夜2021」(同町観光物産協会主催)が6日夜、町内の芽室公園で開かれた。3000個を超すアイスキャンドルの火が会場を照らし、訪れた家族連れらは幻想的な空間を楽しんだ。 ...

十勝毎日新聞

“藤の花”揺れた氷まつり 最終日にぎわう【帯広】

 「第58回おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)は31日、最終日を迎えた。天候にも恵まれ、メイン会場の「夢の北広場」(JR帯広駅北側)には、午前中から多くの家族連れが訪れ、氷雪像前...

十勝毎日新聞

滝川市の山本さん氷彫刻最高賞 氷まつり【帯広】

 第58回おびひろ氷まつりの「第37回北海道氷彫刻展冬季帯広大会」(帯広のまつり推進委主催)で、最高位の北海道知事賞に、「ログホテル メープルロッジ」(岩見沢市)の料理長山本剛史さん(37)=...

名寄新聞

月明かりに照らされ・ムーンウオーク開幕【下川】

 満月に照らされた積雪の夜の森林を歩く、NPO法人森の生活(麻生翼代表)主催「ムーンウオーク」が、今年も28日から始まり、五味温泉隣接のエコハウス「美桑」前集合、体験の森で開かれている。  各...