北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

高齢者外出バス事業 コロナの影響で利用減【釧路】

厳しい状況が続いている路線バスの利用

釧路市の高齢者外出促進バス事業「おでかけパスポート70(通称・おでパス)」は、交付件数が3月末で1万2410件に達していたが、9月末では16・5%減の1万366件に減少した。新型コロナウイルス感染拡大の影響とみられるが、市は全町内会の回覧板にPRチラシを添付するなど、今後の利用増に期待している。

 おでパス事業は70歳以上の高齢者のバス利用による社会参加の活性化を目指し、昨年6月にスタート。市内全域及び一部市外を加えた一定エリア内の定期路線バスを、1乗車100円(一部500円)で利用できる。負担金500円で1年間有効。70歳に達した時点で利用でき、市内の各郵便局で申請を受け付けている。申請には健康・介護保険証など官公署発行の身分証明書が必要だ。

 市は初年度の昨年度、従前の助成事業の利用率53・4%を目安に約2万1000人の利用を目標に据え、3月末の交付実績1万2410件については「まずまずの実績」と評価し、以降の広がりに期待していた。しかし、1年有効の更新期を迎えた6月末の交付は1万315件に後退し、更新を控えている利用者もいるようだ。

 新型コロナの非常事態宣言が5月25日に解除されているものの、特に高齢者の警戒心は強く、おでパスの利用にも影響しているとみられる。しかし、担当の市介護高齢課によると、8月の新規および更新の交付枚数は585件(前年同期542件)、9月が540件(同502件)と前年実績を上回り、「回復しつつある」(久万田康司課長)と期待している。

 一方、地域のバス会社はさまざまなコロナ対策を講じているが、主な市内路線を担うくしろバスは、10月の利用者が前年同期の約40%減と厳しい状況が続いている。

関連記事

日高報知新聞

電話は「鳴りっぱなし」【浦河】

 浦河町は6日朝、高齢者(65歳以上)の新型コロナワクチン接種の電話予約を開始した。午前9時からの受け付けで予約窓口の町保健センターの6回線の電話は鳴りっぱなしで、職員は対応に追われた。   町に...

日高報知新聞

課題山積、職員一丸で【新冠】

【新冠】4月20日告示の町長選挙で再選し、5月1日から任期がスタートした鳴海修司町長が6日初登庁し、職員に町政運営への思いを伝えた。任期は2025年4月30日まで。  午前8時半に登庁した鳴海町長は...

苫小牧民報

苫漁協のホッキ漁国際新認証を取得 世界基準で価値高める

苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は20年連続水揚げ日本一のホッキ漁で、水産エコラベルの国際認証「マリン・エコ・ラベル」(MEL)のバージョン2を取得した。同漁協が取得していた旧認証の終了に伴い...

苫小牧民報

地域おこし協力隊員 新たに男性2人 「白老のために」意欲

白老町の地域おこし協力隊員として新たに2人の若い男性が採用され、6日に町役場で委嘱状が交付された。  協力隊員になったのは、熊本市出身の安田裕太郎さん(26)=観光振興担当=と、札幌市出身の山﨑...

十勝毎日新聞

畑に点々 期待の緑 ビートの苗 移植ピーク【上士幌】

 砂糖の原料となるビートの苗の移植作業が、主産地の十勝管内でピークを迎えている。ビニールハウスで育てた苗は機械で次々と植え付けられ、畑の土色と苗の緑色が鮮やかなコントラストをなしている。  上...