北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「濃い」豆乳飲料できた! 「マメトペ+」【帯広】

 帯広農業高校の生徒が中田食品(帯広)など地元企業と開発していた豆乳飲料「マメトペ+(プラス)」が完成した。関係者を招いたお披露目会が18日に同校で開かれ、「濃くておいしい」と上々の評判。生徒たちはユニークなPR動画も公開し、「全国からファンを開拓し、息の長い商品に」と期待を込めている。

商品を手にする(左から)日本甜菜製糖の名倉泰三上席研究員、中田食品の貴戸武利社長、吉田さん、大和田恭平教諭

 食品科学科の2、3年生14人は「十勝の魅力が詰まった新商品を作ることで、地域活性化につなげたい」との思いから、中田食品の豆乳をベースに商品開発に着手。便通改善などが期待されるビート由来のオリゴ糖の他、2種類のビート糖を加えたレシピの試作を繰り返してきた。

 地元の日本甜菜製糖や帯広信用金庫、とかち財団などもマーケット戦略や成分分析などの面で協力。5カ月間でリモートを含めた7回の会議を開いて完成させた。「マメトペ」はアイヌ語で「豆乳」を意味する。

 お披露目会には、北海道アイヌ協会の小川哲也理事(本別)らアイヌ関係者5人も招待された。同校の馬術部や陸上部などの生徒が「驚くほど濃い豆乳に仕上げました」などとPRしながら、二木浩志校長に商品を届けるユニークな動画も披露した。試飲では「ほんのりと豆腐の風味がして、とてもおいしい」などと好評だった。

完成した「マメトペ+」

 班長の吉田杏梨沙さん(3年)は「豆乳の濃さが一番の特徴なので、認めてもらえてうれしい。地元企業と協力して作ることで、広い視野で物事を見る大切さを学んだ」と話した。

 新商品は今後、北海道の独自ブランド「ヘルシーDo」登録を目指す。すでにショッピングアプリ「BASE(ベイス)」で購入できる他、12月1日から帯広競馬場内のとかちむらでも販売される予定。1本170グラム、税込み313円。PR動画は動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開されている。

関連記事

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...

十勝毎日新聞

ビーツサイダー フロートに 幸福駅【帯広】

 帯広市内の旧国鉄広尾線幸福駅のカフェ「幸福村」(三浦直美代表)は、地サイダー「帯広ビーツサイダー」を使ったフロートを販売している。  地サイダーを企画する、とかちリージョナルネットワーク(帯...

十勝毎日新聞

余剰豆乳で充填豆腐 中田食品「あったらラッキー!?」【帯広】

 十勝産大豆での豆腐づくりにこだわる中田食品(帯広市、貴戸武利社長)は、製造過程で発生する余剰豆乳を使った新商品の充填(じゅうてん)豆腐「ちょびきぬ」を3日から、音更町のスーパー・ハピオ木野で...

十勝毎日新聞

PB牛で初商品「十勝四季彩牛レトルトカレー」 佐々木畜産【帯広】

 佐々木畜産(帯広市、佐々木章哲社長)は、グループで飼養するブランド牛「十勝四季彩牛」を使ったレトルトカレーを商品化し、本社工場に隣接する直売コーナー(西24南1)を中心に販売している。同牛を使っ...

十勝毎日新聞

地サイダー「新名所に」 駅に自販機 全9種【帯広】

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は26日午前、JR帯広駅改札西側に設置した地サイダー専用の自動販売機1台と新作地サイダーのお披露目会を同駅で開いた。関係者は地サイダーの新たな販路や帯広駅の新...