北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「山幸」が国際品種に 国内3例目 町独自のワイン用ブドウ【池田】

国際品種登録されたワイン原料ブドウ「山幸」

 池田町のワイン原料用ブドウの独自品種「山幸」が、国際ブドウ・ワイン機構(OIV、フランス)から「Yamasachi」として品種登録された。日本産のワイン原料用ブドウで国際品種登録されたのは「甲州」「マスカット・ベーリーA」(いずれも山梨)に次いで3品種目。安井美裕町長は「十勝ワインに携わった多くの人たちの思いが一つの形になった」と喜んでいる。

 OIVへの申請業務を担った独立行政法人・酒類総合研究所(広島)が19日に発表した。

 「山幸」は赤ワイン醸造用の品種。欧州系のフレンチハイブリッド「セイベル13053」を耐寒性や収量性を目的にクローン選抜した品種「清見」と山ブドウを掛け合わせ、さらに選抜した。「清舞」と並んで農林水産省から独自品種として認められている。

 町は「山幸」の認知度を世界基準に引き上げるため、国際品種登録の作業に着手。酒類総研との共同研究で2018、19年の2年間、形質分析や遺伝子解析を行った。昨年6月に申請し、今月までに国際品種登録されることが確定した。近く、「国際ブドウ品種及び同義語リスト」に掲載される。

 OIVは、フランスに拠点を置くブドウ栽培や品種、ワイン醸造の研究機関。欧州連合では、EU域外のワインのラベルにブドウ品種を表示する場合、OIVなど国際機関のリストに記載されていることが必須条件。未登録の場合は「日本産ワイン」という表記しかできない。

 「山幸」を原料とする十勝ワインの商品は今後、EUに輸出する際は「Yamasachi」の表記が可能に。欧州産の「カベルネ・ソーヴィニヨン」「メルロー」などと同じ扱いになる。

 安井町長は「十勝ワインのEUへの輸出も視野にワイン事業を進める。池田町のみならず日本のワイン文化の振興に大きく寄与できるものと期待している」と述べた。

 酒類総研の後藤奈美理事長は「山幸を原料にしたワインの国際舞台での健闘を願っている」とコメントした。

「山幸」を原料にした十勝ワイン商品

関連記事

苫小牧民報

支笏湖氷濤まつり会場設営進む 大小30基の氷像、骨組み9割完成-来月29..

 来月下旬に開幕する千歳・支笏湖氷濤まつりに向け、支笏湖まつり実行委員会(福士國治委員長)による会場設営が千歳市の支笏湖温泉第5駐車場で着々と進んでいる。大小約30基の氷像の骨組みは、4日までに...

苫小牧民報

コロナ禍、影響で集客苦戦 来場者44万人にとどまる-あびらD51ステーシ..

 安平町追分地区にある道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が、長期化する新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて集客に苦戦している。今年度の来場者数は11月末時点で44万4000人ほど...

日高報知新聞

様似でネイルアート展【様似】

【様似】町教委主催の「ネイルアートといろいろアート展」が、4日から町中央公民館ギャラリー21で始まった。20日まで。  作者の逢山真歩さんは、オホーツク管内斜里町出身で町内在住。日本ネイリスト協会1...

日高報知新聞

牛乳・乳製品料理【浦河】

浦河消費者協会(小林美代子会長、会員67人)主催の牛乳・乳製品消費拡大のための「牛乳・乳製品料理講習会」が4日、会員を対象に町保健センターで開かれ、参加者たちが和気あいあいと調理を楽しんだ。  ...

函館新聞

コープが東横イン大門に支援物資 道内6棟で初めて【函館】

 コープさっぽろ函館地区本部(川上啓本部長)は4日、道が運用している新型コロナウイルス軽症者・無症状患者が療養できる「東横イン函館駅前大門」に対し、カップ麺100人分など支援物資を寄付した。道内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス