北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

店の味「炙って食べて」 サイトで全国販売へ 平和園【帯広】

 平和園(帯広市、新田隆教社長)は、加熱調理済みのオリジナルの焼き肉商品「炙り(あぶり)気分」を開発した。独自製法で肉のうま味や軟らかさを引き出し、さっとあぶって食べることで、「店内で食べるのと同レベルを再現した」(新田社長)という。25日にも立ち上げる自社ECサイト=QRコード=限定で全国販売する予定。

ECサイトの目玉として開発した「炙り気分」をPRする担当の桜庭俊幸さんと小黒豊本店長(右から)

 道産霜降りタン、道産上サガリ、トントロ、豚カルビ、トリモモ(いずれも道産)、羊スペアリブのセット。タンやサガリなどは塩ベース、豚カルビなどは自社ダレの味付け。

 下味をつけた肉をオーブンで火入れし、専用機「ブラストチラー」で急速冷蔵後、真空冷凍した。網でさっと温める程度で本格的な焼き肉を味わえる。薬味も自家製七味など3種用意。専用の焼き台付で7980円(肉430グラム入り、肉のみは5980円、送料別)。

 新型コロナウイルスの影響で来店できない顧客が増加していることを受け、今春からECサイトと目玉となるオリジナル商品の開発を進めてきた。

 ECサイトは、専用サービス「BASE」を活用。自社HP上から利用できる。EC部門の売り上げを3年後には10%にまで高めたい考え。

 新田社長は「手作り感と原料にこだわり、火入れや厚みなどを何度も試した。あぶって食べて、肉のうま味と軟らかさに驚いてもらえるはず」と話している。問い合わせは本部事務所(0155・25・0665)へ。

関連記事

名寄新聞

北のハイグレード商品に認定・あべ養鶏場の「えっぐぷりん」【下川】

 町内班渓の「あべ養鶏場」(東郷啓祐社長)で製造販売している「えっぐぷりん」が、道産食品のトップランナーを選定する「北のハイグレード商品」(道主催)に認定され、同時開催の「北海道加工品コンクー...

十勝毎日新聞

余剰熱マンゴー 収量増で売り上げ躍進【鹿追】

 鹿追町のバイオガスプラントで生じる余剰熱を活用したマンゴー栽培が好調だ。収量、品質共に年々向上し、今年度の売り上げは2013年度の事業開始以来初めて、町の補助金を上回った。  町のマンゴー事...

十勝毎日新聞

「牛肉巻きごはん」新名物に レシピ考案コン【清水】

最優秀賞に大塚さん  清水町のチーズを使い、新たな名物料理を生み出すレシピ考案コンテスト(十勝毎日新聞社主催)の最終審査会が19日、町中央公民館で開かれた。49作品の応募の中から、1次審査を通過...

十勝毎日新聞

初の「地ビール」 小麦とイモ原料 本格販売へ【大樹】

 JA大樹町青年部(半谷勇人部長、部員50人)は、大樹産の小麦やジャガイモを原料とした地ビール「大樹のしずく」を完成させた。澄川麦酒醸造所(札幌市)が約300本(1瓶330ミリリットル)を醸造。同...

十勝毎日新聞

仏レストランガイドに「マリヨンヌ」 「ゴ・エ・ミヨ」日本版【帯広】

 権威あるレストランガイドブック「ゴ・エ・ミヨ2021」に、帯広のフランス料理店「マリヨンヌ」(西1南10、小久保康生オーナーシェフ)が十勝で唯一掲載された。日本版5刊目の今回は、33都道府県...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス